羅植(らしょく) アダンソニア》

カード名羅植 アダンソニア[ラショクアダンソニア]
カードタイプシグニクラス精羅:植物
レベル3パワー7000限定条件-
【自】(ターン1):あなたのカード名に《バオバブーン》を含むシグニ1体が場に出たとき、あなたのデッキからカード1枚を探してエナゾーンに置く。その後、デッキをシャッフルする。
【出】:あなたのデッキからカード名に《バオバブーン》を含むシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【起】[白][赤][青][緑][黒]:対戦相手のシグニ2体をトラッシュに置く。この能力を使用するためのコストは無色ではないカードでしか支払えない。

 コネクテッドセレクターで登場したレベル3・精羅植物シグニ

 自動能力は必然的にルリグレベル5でないと発動しないが、カードを狙ってエナゾーンに置くことができる。

 肝となるのは出現時能力コストも無しに《羅植華姫 バオバブーン》サーチし、緊急時にエナを確保する手段を獲得できることになる。
 起動能力はコスト効率だけ見ればそれなりに得だが、支払うコストの制限が問題。自前のマルチエナを持つ精元のシグニは使えないため、5色全てのカードを用意するか、エナの色を自由に扱える《原槍 エナジェ》《緑羅植 ユグドラ》と組み合わせる必要がある。

  • アダンソニア(Adansonia)はバオバブ属の属名。一般的に「バオバブ」と呼ばれているのはアフリカ大陸に自生し30メートル以上に成長するアダンソニア・ディギタータのことだが、マダガスカル島には大陸種よりも幹が細い20メートル前後の種が見られる。
    • シークレット版のフレーバーテキストはアニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の劇中でシャア・アズナブルが発した「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」が元ネタ。

関連カード

−フレーバーテキスト関連

収録パック等

FAQ

Q:起動能力は《サーバント O》などでは支払えないということですか?
A:はい、《サーバント O》などは【マルチエナ】を持っていますがカード自体は無色であるため、この起動能力のコストとして支払うことができません。

Q:出現時能力は強制ですか?
A:はい、コストの伴わない出現時能力は強制的に発動します。
 仮にデッキの中に特定のカードがなくとも探し、そしてデッキはシャッフルされます。

Q:起動能力は、対戦相手のシグニが1体のみの場合でもトラッシュに置けますか?
A:いいえ、対戦相手のシグニ2体を選んでトラッシュに置く効果ですので、対戦相手のシグニが1体しかない場合は2体を選ぶことができず1体もトラッシュに置けません。また、2体あっても片方《羅菌姫 ボツリネス》のように【シャドウ】を持っている場合、やはり2体を選ぶことができず1体もトラッシュに置けません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-12 (火) 01:06:06 (589d)