羅原(らげん) Ar(アルゴン)

カード名羅原 Ar[ラゲンアルゴン]
カードタイプシグニクラス精羅:原子
レベル3パワー8000限定条件ミルルン限定
【出】:あなたのトラッシュからコストの合計が0のスペル1枚を手札に加える。
【ライフバースト】:あなたのデッキからスペル1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
繭の部屋同時使用制限カード(2016/01/21適用):
《MAGIC HAND》

 フォーチュンセレクターで登場したレベル3・精羅原子ミルルン限定のシグニ

 トラッシュからコスト合計0のスペル1枚を手札に加える出現時能力を持つ。

 コスト0のスペルならを問わず何でも回収できる点がユニークで、今まで地味であったスペルにそれなりの利点が付与されることになる。
 《噴流する知識》はただの手札交換や圧縮にとどまらなくなり、《成長する未来》を回収すれば即エナに変換できる。
 《幻獣 ベイア》《ドーピング》を併用して《一投》を使い回すのもこのカードならではの動きだと言えるだろう。

 問題はこのカードの為にそこまでメインデッキの枠を割くことができるかである。
 限定条件の無いコスト0のスペルは普通に使用してもアドバンテージに繋がらないものも多く、スペルを採用するついででこのカードを採用するということは難しいものがある。
 ただ《ミルルン・ヨクト》なら不要なスペルバニッシュカードに変換でき、《ミルルン・ティコ》ならデッキの一番上を操作することで上記のスペルを有効活用できるので十分価値があると言える。
 トリッキーな【ミルルン】に似合ったカードだと言えるだろう。

  • 《MAGIC HAND》との組み合わせも多く見られたが、繭の部屋同時使用制限カード指定を受けたため2016年1月21日の適用後はこの組み合わせが不可能となっている。
  • アルゴン(Argon)は原子番号18で、空気中に窒素・酸素の次に多く含まれている元素。化学反応をほとんど起こさない安定性から蛍光灯や真空管の充填ガスとして使用される。
  • ウィクロスマガジンVol.2で開催された「SGN48総選挙」では第29位(票数不明)だったが、1位を取る気満々だったのに23位と中途半端な順位に終わった《羅原姫 Ne》の愚痴を聴く役回りでコーナー末尾の「かがやけ☆ねおん奮闘記」に登場している。

関連カード

ミルルン限定または限定条件なしでコスト0のスペル

収録パック等

FAQ

Q:対戦相手の場に《羅原姫 Ne》がある場合、《羅原 Ar》出現時能力によってトラッシュに置かれたスペルを回収することは出来ますか?
A:はい、出来ます。《羅原姫 Ne》常時能力によって増やされるのは「使用するためのコスト」であり、「コスト」そのものが変更される訳ではありません。例えば《噴流する知識》の「コスト」は対戦相手の場に《羅原姫 Ne》があっても無×0のままであり、《羅原 Ar》出現時能力によって回収することが可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-26 (月) 05:57:06 (331d)