羅菌姫(らきんひめ) ボツリネス》

カード名羅菌姫 ボツリネス[ラキンヒメボツリネス]
カードタイプシグニクラス精羅:微菌
レベル4パワー12000限定条件ナナシ限定
【常】:【シャドウ】(このシグニは対戦相手の効果によって選択されない)
【常】:このシグニはアタックできない。
【自】:対戦相手の場に【ウィルス】1つが置かれるたび、この上に【貯菌】1つを置く。
【起】[アタックフェイズ]この上から【貯菌】1つを取り除く:対戦相手のシグニ1体のパワーを−5000する。
【起】この上から【貯菌】2つを取り除く:対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。
【ライフバースト】:カードを1枚引き、対戦相手のすべてのシグニゾーンに【ウィルス】を1つずつ置く。

 エクスポーズドセレクターで登場したレベル4・精羅微菌ナナシ限定のシグニ

 【シャドウ】を持つためバトル以外では滅多に除去されることはない。
 自身がアタックできない代わりに、「貯菌」を消費して使用できるパワーマイナスと除去能力を持つ。
 メインフェイズに「貯菌」二つでトラッシュ送り、アタックフェイズに「貯菌」一つにつき−5000と攻防一体の能力になっている。
 場に居座って壁になりつつ毎ターン面開けしていくのが運用が基本となる。2体並べればアサシンなどを除き鉄壁を誇る。
 ただしその場合は攻撃面が大きく損なわれ残り1体が対処されれば成すすべがなくなる。《堕落の砲娘 メツミ》《イノセント・ディフェンス》など耐性をつけて詰めの一撃に使いたい。
 基本的に1体は常に出しつつ相手の戦法に合わせて盤面を変えていけば相手にとって非常に厄介となるだろう。

 「貯菌」自体はウィルスと同時に得る仕組みだが場がウィルスで埋まっていると新しく得ることもできないためウィルスを取り除く手段も重要となる。
 《バッド・アドバンテージ》《羅菌 スポアー》と言ったウィルスを自由に除去できるカードを活用していくといい。
 また使用するルリグによっても使い勝手が変わる。《ナナシ 其ノ四》の場合ウィルスを除去しやすい一方ウィルスを設置する手段が重要になる。
 《ナナシ 其ノ四ノ別》なら逆にウィルスが自動で置かれるため「貯菌」しやすく毎ターンのプレッシャーも増すが常時三面ウィルスのパワーマイナスには穴ができやすい。
 いずれにせよ使う者の構築・プレイングセンスが問われるシグニと言える。

 アンソルブドセレクターで登場した《羅菌 ポレン》の能力で相手ターンにも貯菌を増やせるようになり使い勝手が向上した。

  • ボツリヌス菌(Clostridium botulinum)は、ソーセージやハムなどの生肉を媒介して感染する病原菌である。熱に強く500グラムで地球上の総人口の致死量に匹敵すると言われるほどの猛毒だが、酸素に非常に弱いため空気感染することはほぼ無く、また5分程度熱することで菌は死ななくとも毒素はなくなるという性質がある。
  • このカードのイラストはトークン「貯菌」に使われている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:【シャドウ】とは何ですか?
A:【シャドウ】を持つシグニは、対戦相手の効果によって選択されず、例えば「シグニ1体をバニッシュする。」といった効果によっては選ばれません。
 逆に、「すべてのシグニをバニッシュする」といった効果の影響は受けます。

Q:【貯菌】とは何ですか?
A:【貯菌】は《羅菌姫 ボツリネス》の能力により《羅菌姫 ボツリネス》の上に置かれ、起動能力を使用するために使われるマーカーです。《羅菌姫 ボツリネス》が場から離れたら、上に乗っていた【貯菌】は取り除かれます。

Q:対戦相手のシグニゾーン3つすべてに【ウィルス】があり、こちらの場に《羅菌姫 ボツリネス》がある状態で《羅菌姫 ボツリネス》のライフバーストが発動した場合、対戦相手のシグニゾーンに【ウィルス】は置けませんが自動能力は発動しますか?
A:いいえ、既にシグニゾーンに【ウィルス】が置かれていて【ウィルス】を置けない場合は、自動能力は発動しません。実際に【ウィルス】が置かれた場合のみ、この自動能力は発動します。

Q:《羅菌姫 ボツリネス》の正面に《コードラビリンス ルーブル》があり、《羅菌姫 ボツリネス》が能力を失っている場合、《羅菌姫 ボツリネス》はアタックできますか?また、既に【貯菌】が置かれている状態で能力を失ったらどうなりますか?
A:能力を失っている《羅菌姫 ボツリネス》は、常時能力も失っていますので通常のシグニと同じくアタックが可能です。また、【貯菌】が置かれている状態で能力を失っても、【貯菌】は置かれたままとなります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-30 (土) 16:54:45 (142d)