羅輝石(らきせき) ダイヤブライド》

カード名羅輝石 ダイヤブライド[ラキセキダイヤブライド]
カードタイプシグニクラス精羅:宝石
レベル5パワー15000限定条件花代限定
【常】:このシグニが1ターンにライフクロスを合計2枚以上クラッシュしたとき、このシグニをアップする。この効果は1ターンに一度しか発動しない。
【常】:あなたの<鉱石>または<宝石>のシグニ1体が対戦相手のアーツの効果を受けたとき、対戦相手にダメージを与える。この効果は1ターンに一度しか発動しない。(対戦相手のライフクロスがない場合、あなたはゲームに勝利する)
【ライフバースト】:対戦相手のパワー10000以下のシグニ1体をバニッシュする。あなたのライフクロスが2枚以下の場合、追加で対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュする。

 ビギニングセレクターで登場したレベル5・精羅宝石花代限定のシグニ

 ルリグ《花代・伍》ならば、スペルなどで補強の必要なくその常時能力ダブルクラッシュを得ることができる。
 2体いるレベル5の花代のうち、もう1体の《炎・花代・伍》が『フレイスロ』サポート特化ルリグであるため、《花代・伍》以外のルリグと場に出ることは無いと考えて良いだろう。

 よって、上段の常時能力対戦相手ライフクロスが2枚未満で無い限りはこのカードアタックさえ通せばアップが可能という能力となり、このカード1枚で対戦相手ライフクロスを最大4枚クラッシュすることも可能。
 花代得意の各種バニッシュ手段の他、《炎志貫徹》《炎固一徹》アサシンを与えると良い。
 ダブルクラッシュを持っていても1枚しかクラッシュできないランサーとは相性が悪い。

 このカードを運用するなら、なるべく対戦相手ライフクロスを2枚未満まで削り過ぎないようにする工夫が必要となる。

 下段の常時能力は、シグニ1体に効果を及ぼす対戦相手アーツに対する反撃能力
 1ターンに1回しか発動しない制限こそあるが、2枚並べることで能力が重複する。
 《バロック・ディフェンス》《ドント・ムーブ》などに対して強力な牽制となる。
 ライフクロスクラッシュするのではなく、ダメージを発生させるため、対戦相手ライフクロスが0枚ならばそのまま勝利できるのも大きな特徴。
 その状態でシグニアタックを止められるのは、一部のルリグシグニ能力、または《アイドル・ディフェンス》のみとなる。

 ライフバーストも範囲の広いバニッシュ効果にライフクロスクラッシュと、極めて攻撃的。
 【花代】以外にも【エルドラ】などでライフバーストを狙って採用することも考えられる。

 以上のように、レベル5という重さに見合うだけの性能を誇る、【花代】の切り札といえるシグニ

  • ウィクロスマガジンVol.2で実施された第1回SGN48総選挙では510ポイントを獲得して1位に輝き、Vol.3で特集ページが組まれた。Vol.6で実施された第3回総選挙では325ポイントを獲得して8位となり、ランクは下がったが「神8」の座に踏み留まっている。
    • 第1回で8位までにランクインして詳細なプロフィールが判明したシグニの中では、24歳と最年長。
      同企画にエントリーしていた9〜48位のシグニはプロフィールが不明なため、シグニ全ての中で最年長と断定可能なわけではない。

関連カード

−イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:「このシグニをアップする」とはどういうことですか?
A:例えばダブルクラッシュを持った《羅輝石 ダイヤブライド》のアタックが通り、対戦相手のライフクロスを2枚同時にクラッシュしたとします。この時点で常時能力の発動条件を満たし、《羅輝石 ダイヤブライド》はアップ状態となります。結果、《羅輝石 ダイヤブライド》はこのシグニアタックステップ中に再度アタック宣言を行う事が可能となります。

Q:「対戦相手のアーツの効果を受けた時」とはどういうことですか?
A:アーツによる「カードの数値やテキスト、状態を変更する効果」または「カードを移動させる効果」を《羅輝石 ダイヤブライド》が受けたとき、《羅輝石 ダイヤブライド》の常時能力の発動条件が満たされます。

Q:「対戦相手にダメージを与える」とはどういうことですか?ダブルクラッシュを得た《羅輝石 ダイヤブライド》が下段常時能力で対戦相手にダメージを与える場合、対戦相手のライフクロスは何枚クラッシュされますか?
A:ダメージを与えることによって、ライフクロスをクラッシュしたり、ライフクロスが無い場合はゲームに勝利します。
  ダブルクラッシュが適用されるのは、シグニがアタックして直接対戦相手のライフクロスをクラッシュする時のみです。質問の場合、クラッシュされるライフクロスは1枚です。

Q:《羅輝石 ダイヤブライド》が2枚目のライフクロスをクラッシュした際に《アーク・オーラ》のライフバーストが発動しました。各能力が処理された後、《羅輝石 ダイヤブライド》はアップしていますか。それともダウンしていますか。
A:この場合、《アーク・オーラ》のライフバーストと《羅輝石 ダイヤブライド》の常時能力は同時に発動条件を満たしていますが、この場合、ターンプレイヤーから先に解決されます。よって《羅輝石 ダイヤブライド》→《アーク・オーラ》の順に解決され、結果《羅輝石 ダイヤブライド》はダウン状態となります。

Q:《羅輝石 ダイヤブライド》に対して《ドント・ムーブ》でダウンしたとき、《羅輝石 ダイヤブライド》下段常時能力で対戦相手にダメージを与えられますか?
A:はい、この場合、《羅輝石 ダイヤブライド》が「カードを移動する効果」を受けたので、「効果を受けた=《羅輝石 ダイヤブライド》がダウンした」という発動条件を満たします。「発動条件を満たした場所=場」にて、その能力が発動して解決します。

Q:《羅輝石 ダイヤブライド》に対して《ゼノ・マルチプル》の「シグニ1体を手札に戻す」モードを使ったとき、《羅輝石 ダイヤブライド》下段常時能力で対戦相手にダメージを与えられますか?
A:はい、この場合、《羅輝石 ダイヤブライド》が「カードを移動する効果」を受けたので、「効果を受けた=手札に《羅輝石 ダイヤブライド》が戻った」という発動条件を満たします。「発動条件を満たした場所=手札」にて、その能力が発動して解決します。

Q:《羅輝石 ダイヤブライド》を《エターナル・パニッシュ》で−15000したとき、《羅輝石 ダイヤブライド》下段常時能力で対戦相手にダメージを与えられますか?
A:いいえ、この場合、《羅輝石 ダイヤブライド》が「カードの数値を変更する効果」を受けたので、「効果を受けた=《羅輝石 ダイヤブライド》のパワーが0になった」という発動条件を満たします。発動条件を満たした場所は場です。しかし、パワーが0であるシグニは効果の解決直後にバニッシュされます。その後で《羅輝石 ダイヤブライド》の能力を解決しようとしますが、既に発動条件を満たした領域にはないため、結果的にダメージを与えることはできません。

Q:下段常時能力に「1ターンに1度しか発動しない」とありますが、複数の<鉱石>または<宝石>のシグニがアーツの効果を受けた場合はどのように処理されますか?
A:《羅輝石 ダイヤブライド》下段常時能力は、場にある《羅輝石 ダイヤブライド》1体につき、「1ターンに1度しか発動しない」となります。例えば場に2体ある《羅輝石 ダイヤブライド》Aと《羅輝石 ダイヤブライド》Bが《ドント・ムーブ》によってそれぞれダウンさせられた場合、《羅輝石 ダイヤブライド》Aで1回、《羅輝石 ダイヤブライド》Bで1回、それぞれ1回ずつ下段常時能力が発動し、結果対戦相手に2回ダメージが与えられます。

Q:私のターンに、対戦相手の《羅輝石 ダイヤブライド》2体を《ロココ・バウンダリー》で手札に戻しました。「効果を受けたとき」の能力を1つずつ解決して、1体目の能力によって私のライフクロスがクラッシュされて、《SNATCHER》 がめくれました。どうなりますか?
A:2体目の《羅輝石 ダイヤブライド》の能力が発動条件を満たしていますが、ターンプレイヤーの「発動条件を満たした能力」を先に解決しますので、先に《SNATCHER》のライフバーストを解決します。なお、これにより対戦相手の手札から《羅輝石 ダイヤブライド》が捨てられたとします。しかし、非公開領域に移動したカードが改めて他の領域に移動しても同じカードとしては扱われません。「能力の解決前に、発動条件を満たした場所にない」ということにもなりません。

Q:自分の《羅輝石 ダイヤブライド》のライフバーストが発動した時、自分のライフクロスが二枚以下ならば対戦相手のシグニがバニッシュできなくとも相手のライフクロスを破壊することは可能なのでしょうか?
A:はい、可能です。対戦相手のシグニが1体も無い場合も、選んだシグニが「バニッシュされない」シグニでバニッシュされなかった場合であっても、追加の効果でライフクロスをクラッシュできます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-29 (土) 16:56:04 (901d)