夢限(ムゲン) -(エピローグ)-》

カード名夢限 -E-ムゲンエピローグ]
カードタイプルリグルリグタイプ夢限
レベル5リミット12グロウコスト-
フォーマットK
【常】:あなたはキーを好きな枚数場に出すことができる。
【自】:このルリグが《夢限 -P-》から《夢限 -E-》になったとき、あなたのルリグトラッシュからすべてのアーツをこのルリグの下に置く。
【起】エクシード4:対戦相手のすべてのシグニをトラッシュに置く。
A面《夢限 -P-》B面:《夢限 -E-》

 ユートピアで登場したレベル5・無色夢限ルリグ

 A面の《夢限 -P-》起動能力をそのゲーム中に合計5回使用した場合に、《夢限 -P-》が裏返されることでB面のこのカードに変化する。
 《夢限 -P-》からこのカードにした時にルリグトラッシュからこのカードの下に置くカードアーツのみのため、 裏返す前に先に3枚使用しないとコストが不足してエクシード能力使用できなくなる。
 その他にも、に出したキー常時能力効果によって得たエクシード能力使用しても足りなくなるのにも注意。

 《夢限 -P-》と同様の欠点だが、《添遂の閻魔 ウリス》常時能力を利用しない限りは一部のキーが持つルリグが持つを参照する能力の利用に制限がかかる点、一部のキー常時能力効果によって得られるエクシード能力コストに使える枚数の少なさからエクシードのサポートも受け難い為、利用するキーには注意したい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの表面はどんなカードですか?
A:表面は《夢限 -P-》です。

Q:《夢限 -P-》の起動能力を5回使用して裏返ったとき、レベルやリミットはどうなりますか?
A:《夢限 -E-》に記載されているレベルとリミット(レベルは5、リミットは12)になります。

Q:《クラス・クライシス》の②を使用し、このルリグが能力を失いました。キーは複数枚を出していた場合、どうなりますか?
A:常時能力が失わせるので複数枚キーを場に出すことができなくなります。そのため、複数枚キーを場に出していた場合、ルール処理にて残すキーを1枚選んで残りをトラッシュに置きます。

Q:対戦相手が《白滅の巫女 タマヨリヒメ》のイノセンスを使用しました。どうなりますか?
A:常時能力が何もしなくなるので複数枚キーを場に出していた場合は1枚のみを残してすべてルリグトラッシュに置きます。なお、裏返す効果は既に完了している効果なので、《夢限 -P-》に戻ることはありません。

Q:このルリグのエクシード能力でエナゾーンにあるシグニをトラッシュに置くことはできますか?
A:このルリグのエクシード能力は対戦相手のシグニゾーンにあるシグニをトラッシュに置く効果で、場以外の領域のカードをトラッシュに置くことはできません。効果のテキスト中に領域の指定がない「シグニ」とは「シグニゾーンにあるシグニ」のみを指します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-03 (木) 18:32:43 (292d)