超罠(チョウビン) ヤミガネ》

カード名超罠 ヤミガネ[チョウビンヤミガネ]
カードタイプシグニクラス精武:トリック
レベル4パワー12000限定条件-
フォーマットK
【自】:このシグニがアタックしたとき、[黒]を支払ってもよい。そうした場合、このターンに場に出た対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【出】[黒]:対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。対戦相手は自分のデッキを上から、そのシグニ以下のレベルを持つシグニがめくれるまで公開し、それを場に出す。それの【出】の能力は発動しない。この方法で公開されたカードをシャッフルしてデッキの一番下に置く。
【ライフバースト】:カードを1枚引く。あなたのライフクロスが4枚以下の場合、追加で【エナチャージ1】をする。

 クラクションで登場したレベル4・精武トリックシグニ

 出現時能力エナ1つを支払うことで対戦相手シグニ1体をデッキの上からめくれたシグニと入れ替えられるが、そのままでは1エナを支払って対戦相手デッキを1枚削っているだけなので自動能力と組み合わせたい。
 自身の能力だけでは対戦相手ダメージを与えるのに2エナかかりそのうち1エナアタックを防がれたら払い損になると、コスト効率はそこまでよくない。

 バニッシュ耐性やパワーマイナス耐性などが苦手とする効果を持つシグニメインフェイズの間に除去できるのは優秀と言える。
 出現時能力を使用しなくても対戦相手の防御手段がシグニに出すものであった場合には、自動能力で除去が行えるのでそういった手段を持つデッキにも強く出れるシグニであると言える。

 キーセレクションの環境においてはの標準的な除去手段であるパワーマイナスが届かずアタックしたときのトリガー能力による除去が通用しない《紡槍 アークエナジェ》を除去できる貴重な手段として需要がある。
 また対戦相手ルリグ《糾う者》出現時能力《弩書 ザ・ロウ》を宣言していた場合にはこのシグニ1枚でシグニ2体を処理できる可能性がある。
 出現時能力レベル0となっている《弩書 ザ・ロウ》トラッシュに送ればデッキからに出る可能性のあるシグニが同じくレベル0となっている《弩書 ザ・ロウ》のみとなっているのである。
 その際、対戦相手シグニが既に2体存在していれば対戦相手《弩書 ザ・ロウ》をそれらの上に重ねてに出さざるを得ないので結果的に対戦相手シグニを2体除去していることになる。

  • 「闇金融(やみきんゆう)」は、日本において、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または正規に貸金業の登録をしていながら出資法に違反する高金利を取る業者を指す。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力は必ず発動させる必要がありますか?
A:いいえ、出現時能力コストがある場合、そのコストを支払わずに発動しないことを選ぶことができます。

Q:出現時能力の「それ」とは何を指しますか?
A:デッキから公開された「トラッシュに置いた対戦相手シグニレベル以下のシグニ」を指します。

Q:出現時能力デッキを全部めくったが、条件に合うシグニが公開されませんでした。その場合どうしますか?
A:何もシグニを出さずに、公開されたカードをすべてシャッフルしてそれをデッキとします。このときデッキは0枚になりますが、能力の処理中なのでリフレッシュは行いません。なお、トラッシュに置いた対戦相手シグニは、そのままトラッシュに置かれた状態になります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-28 (火) 17:54:32