超罠(チョウビン) モリアーティ》

カード名超罠 モリアーティ[チョウビンモリアーティ]
カードタイプシグニクラス精武:トリック
レベル4パワー12000限定条件グズ子限定
フォーマットK
【常】:レベルが奇数の対戦相手のシグニは「アタックできない。」を得る。
【自】:レベルが偶数のあなたのシグニ1体が場に出たとき、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−3000する。
【出】[黒]:あなたのデッキの一番上のカードをトラッシュに置く。それがレベルが偶数のシグニの場合、それをトラッシュから場に出す。
【ライフバースト】:レベルが奇数の対戦相手のすべてのシグニをバニッシュする。

 ユートピアで登場したレベル4・精武トリックグズ子限定のシグニ

 常時能力対戦相手レベルが奇数のシグニアタックを永続的に封じる。
 レベル1と3のシグニが無力化されるため、対戦相手は優先的に除去の対象としてくるか、除去できない場合はレベル2と4のシグニを埋めることを強いられる。
 また、このシグニを奇数のシグニの正面に置く事で除去効果の強制や盤面整理により対戦相手のリソースを削る事も可能。
 《添遂の閻魔 ウリス》対戦相手アタックフェイズシグニレベルを1下げ、レベルシグニアタックを止められるので相性がよく、しばしば同時に採用される。

 自動能力により、自身を含めた自軍の偶数レベルシグニに出るたびに対戦相手シグニ1体にパワー−3000を付加する。
 出現時能力ではないため《バッド・チョイス》に出たときにもトリガーし、このシグニ自身がに出たときもトリガーするのは重要なポイント。
 このシグニを2体同時にに出せばマイナス効果が4回発生し、合計−12000という大抵のシグニバニッシュできるマイナス値が降り注ぐことになる。

 出現時能力エナ1でデッキの一番上をトラッシュに置き、それが偶数シグニであればそのままに出し、手札を使わずにシグニゾーンを埋められる。
 シグニに出せれば自身の自動能力も当然トリガーし、出てきたシグニが相手シグニを処理しやすくなる。
 この能力を当てにする場合は構築を大きく制限されることになるが、他の偶数レベルトリックシグニも粒ぞろいなので、特化構築をする価値はある。

  • ジェームズ・モリアーティ教授(Professor James Moriarty)」は、アーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』に登場する架空の人物。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力は必ず発動させる必要がありますか?
A:いいえ、出現時能力にコストがある場合、そのコストを支払わずに発動しないことを選ぶことができます。

Q:自動能力はこのシグニが場に出たときも発動しますか?
A:はい、このシグニはレベルが偶数のシグニなので、このシグニ自身が場に出たときもトリガーし、発動します。

Q:すべての自分のシグニゾーンにシグニがある場合、出現時能力を発動することはできますか?
A:はい、出現時能力を発動することはできますが、デッキからトラッシュに置いたシグニのレベルが偶数であったとしても、そのシグニを場に出すことはできません。

Q:出現時能力でレベルを超過するシグニやリミットを超過するシグニを場に出すことはできますか?
A:いいえ、メインフェイズに手札からシグニを出すのと同様に、効果による方法でもシグニを場に出す場合にはレベルやリミットを超過するようなシグニを場に出すことはできません。

Q:デッキが1枚の状態で出現時能力を発動しました。どうなりますか?
A:デッキのカードをトラッシュに置き、それがレベルが偶数のシグニの場合、それをトラッシュから場に出します。その後、ルール処理にてリフレッシュを行います。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-10 (木) 18:03:13