中剣(ちゅうけん) サンジュー》

カード名中剣 サンジュー[チュウケンサンジュー]
カードタイプシグニクラス精武:アーム
レベル2パワー3000限定条件-
【起】[ダウン]手札から<アーム>のシグニを1枚捨てる:あなたのデッキからレベル3以下の<アーム>または<ウェポン>のシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【起】[ダウン]手札から<ウェポン>のシグニを1枚捨てる:対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュする。

 チェインドセレクターで登場したレベル2・精武アームシグニ
 サーチバニッシュの2つの能力を持つシグニである。
 上段の能力では手札からアームシグニを捨てることでアームウェポンの2つのクラスにまたがってサーチをかけることができる。
 下段の能力では手札からウェポンシグニを捨てることで対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュすることができる。

 まず上段のサーチ能力だが、ウェポンサーチをかけられるアームには《極剣 サミダレ》《極剣 ロクケイ》が存在するがどちらもLv4であるためすぐに使用することはできなかった。
しかし《中剣 サンジュー》はLv2であるため2ターン目から《小砲 ブドー》《爆砲 ナポレホウ》などをサーチして素早く攻勢に出る、といった動きが可能となった。

 次に下段の除去能力だが、これもLv2のアームには今まで与えられなかった能力である。
しかしコストウェポンを要求されているため、そのウェポンを用いて除去をかけたほうが手っ取り早く、上段のサーチさえあれば不要な能力思えるかもしれない。
だが先攻を取ると腐ってしまう《小砲 ブドー》コストに出来ると考えれば、先攻だろうと後攻だろうと必ず1体は除去し、戦略の安定を助ける能力と捉えられる。
またバニッシュ出来る範囲がパワー7000と高く、後半での活躍も僅かながら期待できるだろう。

 アームウェポンとの連携を高めるシグニであり、その2つのクラスを軸に置いたデッキにおいて新しい戦略をもたらすことが期待できる。

  • 元ネタは、1890年代に開発・採用された銃剣三十年式銃剣

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:<アーム/ウェポン>のシグニ1枚を捨ててダウンした場合、両方の効果を使うことはできますか?
A:いいえ、1枚ではどちらか片方の能力としてしか捨てることはできません。どちらの能力のコストとして捨てるかを宣言し、ダウンする必要があります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-18 (金) 02:09:54 (1452d)