着植(ちゃくしょく)

カード名着植[チャクショク]
カードタイプスペル
コスト緑(2)・無(3)限定条件-
ターン終了時まで、あなたのすべての<空獣>、<地獣>、<植物>のシグニは【ランサー】を得る。(【ランサー】を持つシグニがバトルで対戦相手のシグニをバニッシュした場合、対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュする)
【ライフバースト】:あなたの次のターン、あなたのすべてのシグニは【ランサー】を得る。

 ステアードセレクターで登場したスペル

 通常ではコストが重めだがライフバーストならノーコストかつシグニ全般に対して使用可能。
 【エルドラ】なら、《クロス・ライフ・クロス》とのコンボでそれを狙うことができる。
 ランサーによるクラッシュ狙いを主体とした【緑子】では《幻獣 ミスザク》《幻獣 セイリュ》等のシグニがメインとなるため採用される事は少ない。

収録パック等

FAQ

Q:ダブルクラッシュを得たシグニが《着植》のライフバーストの効果でランサーを持った場合、相手のシグニをバニッシュした時クラッシュできるライフクロスの枚数は1枚でしょうか?それとも2枚でしょうか?
A:1枚です。ダブルクラッシュによって対戦相手のライフクロスを2枚同時にクラッシュ出来るのは、直接対戦相手のライフクロスをクラッシュした時だけです。

Q:ライフバースト効果によりランサーを得るのは、発動した時点で存在するシグニのみでしょうか。それとも、次の自ターンに場に出したシグニも含まれますか?
A:ライフバーストした時点で場にあるシグニだけではなく、次のターンの間に存在する全てのシグニがランサーを得ます。

Q:対戦相手のターン中に、こちらの《着植》のライフバーストが発動しました。次にこちらのターンに入り、対戦相手の場に《コードラビリンス ルーブル》がある状態で、その正面に新たにシグニを配置した場合、このシグニは【ランサー】を得ることが出来ますか?
A:後から適用された効果は、以前に適用された効果を上書きします。その上で、互いに矛盾する効果が同時に適用される場合には、後から「場に出た」もしくは「発動した」効果が後から適用したものとして扱われます。この場合、シグニが場に出た時点で 「《ルーブル》常時能力」と「《着植》ライフバースト」の2つの効果が同時に適用されますが、仮に、《ルーブル》が場に出された後で《着植》のライフバーストが発動していたのであれば、「《着植》ライフバースト」の効果が、「《ルーブル》常時能力」の効果を上書きします。結果、シグニは【ランサー】を得ます。

Q:ライフバーストに記載された「あなたの次のターン」とは具体的にどちらのターンを指すのですか?
A:ライフバーストが発動したターンを基準とし、そこから次に行われる自身のターンを指します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-14 (月) 11:29:59 (1439d)