大剣(たいけん) ハチキュー》

カード名大剣 ハチキュー[タイケンハチキュー]
カードタイプシグニクラス精武:アーム
レベル3パワー8000限定条件-
【出】手札から<アーム>のシグニを1枚捨てる:あなたのデッキから<アーム>または<ウェポン>のシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【出】手札から<ウェポン>のシグニを1枚捨てる:対戦相手のパワー8000以下のシグニ1体をバニッシュする。

 チェインドセレクターで登場したレベル3・精武アームシグニ

 サーチバニッシュの2つの能力を持つシグニである。
 上段の能力では手札からアームシグニを捨てることでアームウェポンの2つのクラスにまたがってサーチをかけることができる。
 下段の能力では手札からウェポンシグニを捨てることで対戦相手のパワー8000以下のシグニ1体をバニッシュすることができる。

 2つの能力はそれぞれ《中剣 サンジュー》を若干強化したようなもので、また単純でもあるので取り立てて記載することもないが、このシグニの特異な点は他にある。それは2つの能力がどちらも出現時能力という点である。
 《中剣 サンジュー》も2つの能力を持つが、どちらも起動能力であるため、別のカードの効果でアップしない限り、1ターン中にはどちらか1つの能力しか使うことができない。だが、《大剣 ハチキュー》は能力が出現時能力であるため、2つの能力を同時に使用することが可能となる。
 相手のシグニを除去しながら、次のターンに向けてサーチを行い態勢を整える。これが1枚のシグニで1ターン中に行えるためかなり効率が良いカードと言えるだろう。
 能力を使うためのコストはキッチリと指定されているので、このシグニを出すまでに《小剣 エムファイブ》《中剣 サンジュー》などで揃えて、ライフクロスの差と手札の質で一気に対戦相手に差をつけよう。

  • 2016年5月19日施行のルール変更により、上の出現時能力ウェポンサーチして下の出現時能力コストに充てられるようになった。
  • 元ネタは89式多用途銃剣。1990年代以降、89式5.56mm小銃と共に陸上自衛隊の主力となっている装備である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:<アーム/ウェポン>のシグニ1枚を捨てた場合、両方の効果を使うことはできますか?
A:いいえ、1枚ではどちらか片方の能力としてしか捨てることはできません。どちらの能力のコストとして捨てるかを宣言する必要があります。

Q:《大剣 ハチキュー》が出たときに<アーム>と<ウェポン>のシグニを1枚ずつ捨て、両方の出現時能力を発動できますか?
A:はい、可能です。コストは実際に発動するときに支払いますので、どちらから先に発動するかを選んで、そのコストを支払って発動し、それが終わったら次の出現時能力のコストを支払って発動するという手順になります。

Q:《大剣 ハチキュー》が出たときに<アーム>を捨てて、能力で<ウェポン>のシグニを手札に加えた後、その<ウェポン>を捨てることで下の出現時能力も使用できますか?
A:はい、できます。《大剣 ハチキュー》が場に出たときにそれぞれの出現時能力がトリガーし、コストは実際に発動するときに支払いますので、先に上の能力を発動して<ウェポン>を手札に加えてから、下の能力をその<ウェポン>をコストとして捨てて発動することができます。
(旧裁定)
A:いいえ、できません。《大剣 ハチキュー》が場に出て、それぞれについて手札を捨てて能力を使用するか、それとも使用しないかを決定してから能力の解決に入ります。ご質問のようなタイミングでは手札を捨てることはできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-27 (水) 19:57:33