対極(タイキョク)選択(センタク) タマVS(バーサス)ウリス》

カード名対極の選択 タマVSウリス[タイキョクノセンタクタマバーサスウリス]
白/黒カードタイプキー
コスト◎(2)限定条件-
フォーマットK
【常】:あなたのセンタールリグは以下の能力を得る。
【起】【アタックフェイズ】エクシード2:ターン終了時まで、対象の対戦相手のセンタールリグ1体とシグニ1体は「【常】:アタックできない。」を得る。対戦相手は自分のトラッシュから対象のシグニを1枚まで手札に加える。
【起】【アタックフェイズ】エクシード2:対戦相手のシグニを2体まで対象とし、それらを手札に戻す。対戦相手は自分のトラッシュからあなたの選んだカード1枚をライフクロスに加える。』
【自】(ターン1):センタールリグ1体がアタックしたとき、そのアタック終了時、そのアタックがすべて【ガード】されていた場合、そのルリグをアップする。

 リンカーネイションで登場した/キー

 常時能力によって2つのエクシード能力を付与し、自動能力によって各プレイヤーセンタールリグアタックに重みを与えるキー
 その能力の全てがキーとして今までとは一線を画す性能だが、その代償として対戦相手にも大きな恩恵を与えてしまう、まさに諸刃の剣といえるカードである。

 1つ目のエクシード能力は、《ゴールド・ディフェンス》《ピンチ・ディフェンス》を思わせる「センタールリグ1体とシグニ1体のアタックを止める」という防御能力であるが、そのデメリットとして、対戦相手トラッシュからシグニ1体をに関係なく回収することができる。
 標準的な1面防御のついでにセンタールリグアタックを止められる為、汎用性は高くデメリットも軽いが、2面以上の防御はできない。
 使用するならまだ残りのライフクロスに余裕のある場面か、対戦相手センタールリグアタックを何としても止める必要がある場面が望ましい。
 また、対戦相手の恩恵は任意であるため、悪魔軸のピルルクに対して使用して手札を増やすというプレイングには使えない。

 2つ目のエクシード能力は、《ハーベスト・フォース》相当の防御性能を持ち、エクシード2の性能としては破格の防御性能である。
 しかしデメリットも大きく、あなた対象を選ぶとは言え対戦相手トラッシュからカード1枚をライフクロスに加え、対戦相手に延命の機会を与えてしまう。
 使用する場合はどうしてもの場合や、ライフクロス1枚程度の増加ならどうにでもなる場合に抑えたい。

 尚、どちらのデメリットもトラッシュを扱うため、《コードアンシエンツ ヘルボロス》を採用する場合はデメリットの踏み倒しが可能になり、強烈な防御性能をフル活用できる。

 自動能力は各ターンで最初のセンタールリグアタックが全てガードされた時にアップするというものあり、これは手札ガード能力を持つシグニが2枚以上無いと確実にセンタールリグアタックが通ってしまうことを意味する。
 これは「あなた」のセンタールリグではなく、対戦相手センタールリグにも適用されるため、上記の2つのエクシード能力以上に直接的な敗北に繋がりかねない諸刃の剣である。

 このカードを採用するデッキには、この自動能力をプラスに活かせる能力を持つセンタールリグを選びたい。

 対戦相手センタールリグアタックを無効化できる《アロス・ピルルク TETRA》《ピルルク TELOS》《紡ぐ者》ではデメリット部分を度外視し、対戦相手にのみセンタールリグアタックによるダメージを被らせることができるだろう。
 《カーニバル †Q†》《夢限 -P-》のようなキーを同時に2枚以上に出せるセンタールリグであれば《アロス&コードピルルク KEY》を併用でき、メインフェイズの度に手札を1枚捨てることで自分のみ確実にセンタールリグアタックによるダメージから守られる。

 対戦相手ガードをすればセンタールリグが2回アタックできることから、《カーニバル †Q†》《応援の駄姫 グズ子》のようなルリグ自身の攻撃性能が高い場合にはより存在感が増すことになる。

 アップの条件は「全てのアタックガードされた時」なので《応援の駄姫 グズ子》ダイレクト効果が適用されている場合は3回分のダメージが全てガードされた時にアップする。
 そしてダイレクトターン中は持続するので、上手く使えばライフクロスが0枚の状態の対戦相手ガード6回を要求するアタックを叩き込む事ができる。

 一方で、《アーク・オーラ》を始めとする「センタールリグアタック回数を増やす」能力とはタイミングが被ってしまい相性が悪いので、この能力ではアップできないものとして考えた方がいい。

  • 「ルリグとシグニのアタックを止める」「シグニを手札に戻す」という自分にメリットとなる効果タマ能力を、「トラッシュからシグニを回収する」「ライフクロスを増やす」という対戦相手にとってメリットとなる効果ウリス能力をモデルにデザインされていると思われる。
    ルリグアタックを強化するという一面は、タマウリス共にレベル5のルリグ等で共通する能力である。
    あなた」を守って勝利に導こうとするタマと、それとは反対に対戦相手に恩恵を与えて敗北させようとするウリスの戦いを再現したキーと解釈できなくもない。

収録パック等

FAQ

Q: 上の起動能力は、対戦相手の場にシグニがない場合でも使用できますか?
A:はい、できます。その場合は対戦相手のルリグのみが「アタックできない。」を得て、対戦相手は自分のトラッシュからシグニを1枚まで手札に加えます。

Q:上の起動能力で、対戦相手の手札に加えるシグニを対象とするのはどちらのプレイヤーですか?
A:対戦相手となります。対戦相手が、自分のトラッシュのシグニ1枚を対象とし手札に加えます。

Q:自動能力は、どちらのプレイヤーのルリグがアタックしたときでも発動しますか?
A:はい、両方のルリグに影響し、発動します。

Q:自動能力でアップしたルリグは、そのターン中に再度アタックできますか?
A:はい、できます。

Q:《応援の駄姫 グズ子》がダイレクトを使用してアタックした場合、自動能力はどうなりますか?
A:《応援の駄姫 グズ子》のダイレクトはアタックによって3回ダメージを与え、対戦相手はそれを3回まで【ガード】することができます。3回すべて【ガード】されていたら自動能力が発動し、2回以下の場合は自動能力は発動しません。

Q:自動能力は、《暴風警報》などでアタックを無効にした場合はどうなりますか?
A:《暴風警報》はアタックを無効にしますが【ガード】しているわけではありませんので、自動能力は発動しません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-22 (日) 23:21:05