創造(そうぞう)鍵主(かぎぬし) ウムル=フェム》

カード名創造の鍵主 ウムル=フェム[ソウゾウノカギヌシウムルフェム]
カードタイプルリグルリグタイプウムル
レベル5リミット12グロウコスト黒(3)
【グロウ】あなたの場のルリグがカード名に《ウムル》を含む
【出】:数字1つを宣言する。あなたのデッキの上からカードを宣言した数字に等しい枚数トラッシュに置く。
【起】エクシード1:あなたのトラッシュから<古代兵器>のシグニ5枚を好きな順番でデッキの一番下に置く。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。この能力は1ターンに一度しか使用できない。

 フォーチュンセレクターで登場したレベル5・ウムルルリグ

 宣言した数だけデッキの上からカードトラッシュ送りに置く出現時能力トラッシュ古代兵器5枚をデッキの下に置き、そうした場合に対戦相手シグニ1体をバニッシュする起動能力を持つ。

 出現時能力のおかげでリフレッシュ直後でもトラッシュを一気に稼ぐという荒業ができる。
 基本的にはメインデッキが残り1枚になる数を宣言し、起動能力デッキを作り直すという動きになるだろう。
 この際、デッキの一番下にある分を除く、メインデッキ内の《コードアンチ テキサハンマ》を全てに出せるのでリフレッシュ直後でグロウした場合、犠牲を多く払う《ロスト・テクノロジー》《コードアンチ マズフェイス》を使いやすいという特典もある。

 起動能力エクシード1でシグニ1体のバニッシュのみとレベル5にしては非常に地味なように見えるが、古代兵器シグニ5枚を好きな順番で戻すという効果も魅力である。
 最初に述べたとおり、これにグロウした時点でメインデッキを残り1枚の状態にできる為、実質その残り1枚以外はメインデッキの内容や順番を操作できることになる。
 この起動能力の後《コードアンチ キティラ》起動能力を使うことで、手札に加える古代兵器シグニ《コードアンチ テキサハンマ》の展開を確定できる。

 というようにクセはあるが高いコンボ性を秘めた、大いに発展性のあるルリグである。
 しかし構築及びプレイングに加え、戦術眼も大きく求められる非常に玄人向けのルリグでもある。
 一度失敗するととりかえしのつかない事態も頻発する為、採用する場合実戦でプレイングミスをしないよう十分に練習をしておきたい。

カード名に《ウムル》を含むレベル4以上のルリグ

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力解決時、数字を宣言する前に自身のデッキの枚数を数えることは可能ですか?
A:はい、デッキの枚数は公開情報ですので、枚数を宣言する前などにデッキの枚数を数えることは、ルール上問題ございません。

Q:出現時能力解決時に、0を宣言して1枚もトラッシュに置かないことは可能ですか?
A:はい、0枚と宣言してトラッシュカードを置かないことは可能です。

Q:トラッシュ<古代兵器>シグニが4枚しかない状態でエクシード能力使用を宣言しました。この場合、4枚全てをデッキの一番下に置くことでシグニ1体をバニッシュすることは可能ですか?
A:いいえ、この場合、エクシード1の能力使用を宣言することはできますが、<古代兵器>シグニは1枚もデッキに戻すことが出来ません。よってシグニバニッシュすることも出来ません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-22 (木) 03:49:49 (298d)