創造(そうぞう)鍵主(かぎぬし) ウムル=トヴォ》

カード名創造の鍵主 ウムル=トヴォ[ソウゾウノカギヌシウムルトヴォ]
カードタイプルリグルリグタイプウムル
レベル2リミット4グロウコスト黒(1)
【出】[黒]:あなたのデッキからカードを1枚探してトラッシュに置く。その後、デッキをシャッフルする。

 スプレッドセレクターで登場したレベル2・ウムルルリグ

 エナ1でメインデッキから任意のカード1枚をトラッシュに置く出現時能力を持つ。

 普通に使えばコストのかかる能力であるのに対し、地味且つアドバンテージも少ないが見た目以上にやれることは多い。
 次にグロウする先を《創造の鍵主 ウムル=トレ》にすることで、エナ2で「デッキからレベル3以下の古代兵器シグニ1体を探してに出す」同然の効果を発揮する。
 また、その際《コードアンチ コスタリク》などのトラッシュからの出現時能力を発揮することも可能なので、このカードによる下準備はただ古代兵器シグニに出す以上の効果を発揮する。
 同時にメインデッキ内のカードを見ることができる為、間接的にライフクロス内のカードも把握することもできる。

 上記のように、そのターン中のアドバンテージだけ見ると「《コードアンチ テキサハンマ》を出せる」「確実に《コードアンチ アステカ》トラッシュからに出す対象を引っ張ってこれる」程度でしかないが、後半まで見ると多大なアドバンテージとなるカードである。
 腐るとすれば、「トラッシュに置きたいカードは既に置かれている」時か「置きたいカードがライフクロスにすべて置かれていた」時くらいだろう。

  • トヴォ(två)はスウェーデン語で“2”のこと。

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-11 (金) 19:27:58 (1133d)