千苦(せんく)大天使(だいてんし) †アークゲイン†(フォールンアークゲイン)

カード名千苦の大天使 †アークゲイン†[センクノダイテンシフォールンアークゲイン]
カードタイプシグニクラス精像:天使
レベル4パワー12000限定条件-
【自】:あなたの<天使>のシグニ1体がバニッシュされるたび、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−3000する。
【出】[黒][黒]:あなたのトラッシュから<天使>のシグニ1枚を場に出す。
【起】(ターン1)【メインフェイズ】【アタックフェイズ】[黒]:あなたの他の<天使>のシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−3000する。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュから白のカード1枚と黒のカード1枚を手札に加える。

 サクシードセレクターで登場したレベル4・精像天使シグニ

 常時能力によって、天使シグニバニッシュされるたび相手のシグニを弱体化させられるが、ルリグレベル4以上ともなるとバニッシュまで持ち込むのは難しいだろう。
 バニッシュ手段は自分の効果でも良いため、《ゲット・インデックス》《シャボン・サクシード》を使っても良い。
 単体では力不足になりがちだが、複数体並べれば重複してバニッシュまで持ち込みやすくなる。

 起動能力使用すると場の天使を犠牲にすることで常時能力と合わせて対戦相手シグニパワーを−6000できる。
 こちらもバニッシュまで持ち込むには不十分なので、【メインフェイズ】に他の能力と組み合わせるか、【アタックフェイズ】にこちらのシグニをバトルでバニッシュされるのを防ぐといった使い方が考えられる。
 出現時能力《先駆の大天使 アークゲイン》リクルートリアニメイトに置き換えたもの。
 《先駆の大天使 アークゲイン》《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》を再利用する手段として使えるが、コストが指定されている点には注意する必要がある。

 また、ライフバーストを持つレベルの4天使シグニの中では唯一限定条件を持たない点も地味ながら天使を扱うタイプの、【タマ】【タウィル】【ウムル】のそれぞれでの利用が可能といった特徴もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対戦相手の効果などで、こちらの場の《千苦の大天使 †アークゲイン†》を含む<天使>3体が同時にバニッシュされました。常時能力は発動しますか?
A:はい、その場合は同時にバニッシュされた<天使>の数だけ発動しますので、3回発動します。 そこで《千苦の大天使 †アークゲイン†》が2体であった場合は合計6回発動します。

Q:このシグニが2体あり《ファイブ・レインボー》で1体がバニッシュされて、もう1体が-12000されました。【常】は何回発動しますか?
A:合計2回です。 1体目については2体目がバニッシュされた時点ですでに場になく、自身の分だけトリガーします。 2体目については自身の分でまず1回です。そして1体目がバニッシュされた時にもトリガーしていますが、能力発動時にはトリガーした場所と違う場所にありますので、そちらは不発となります。

Q:起動能力を使用した場合、常時能力も発動しますか?
A:はい、あなたの<天使>のシグニがバニッシュされましたので、常時能力が発動します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-03 (日) 13:42:06 (309d)