進撃(しんげき)炎軍(えんぐん)

カード名進撃の炎軍[シンゲキノエングン]
カードタイプスペル
コスト赤(0)限定条件花代限定
以下の2つから1つを選ぶ。
①あなたのカード名に《フレイスロ》を含むシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュする。
②あなたのカード名に《フレイスロ》を含むシグニ1体をバニッシュする。そうした場合、あなたのデッキの上からカードを3枚公開する。その中からカード名に《フレイスロ》を含むシグニ1枚を手札に加え、残りを好きな順番でデッキの一番下に置く。

 サクシードセレクターで登場した花代限定のスペル

 2つのモードがあり、いずれもあなたフレイスロを含むシグニ1体をバニッシュするが、そうした場合に対戦相手パワー7000以下のシグニバニッシュするか、フレイスロを含むシグニ手札に加えるか選ぶこととなる。

 役目を終えたレベル3以下のフレイスロを含むシグニなどを退かしつつ、更なる展開に繋げられるのは魅力的だが、如何せんバニッシュ範囲が狭い。
 《轟炎 フレイスロ少尉》と比べて範囲が1000も下がってしまい、レベル3の平均的パワーの8000をバニッシュできない点は無視できない。後半にもなると①の効果が腐ってしまう。
 手札に加える効果も、運が絡むとはいえ《弩炎 フレイスロ中将》の方が勝っており、どちらかというとトラッシュを増やしておきたい【フレイスロ】において「デッキに一番下に置く」というところもネック。

 そしてこのカード最大の欠点として、スペルであることとカード名に「フレイスロ」を含まないカードであることが挙げられる。
 これにより《弩炎 フレイスロ大佐》《轟炎 フレイスロ大尉》といったウェポンを参照とする効果を阻害してしまい、カード名を参照する《炎・花代・伍》などのサポートが出来ない点は痛い。
 フレイスロ持ち前のサーチと展開力で、低いレベルを主体に組むなら採用するのも良いかもしれない。

  • フレーバーテキストは漫画『進撃の巨人』で敬礼に際して握り拳を作った状態の右手を左胸に当てて発せられる「心臓を捧げよ!」が元になっていると思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:【スペルカットイン】によって、選択した自身のシグニがバニッシュされました。 この場合効果は処理されますか?
A:いいえ、「○○する。そうした場合??する」と書かれた効果は、○○を行えなかった場合、??の効果も処理されません

Q:シグニがバニッシュされたときにトリガーする能力を持ったシグニ(例:《コードアンチ ドロンジョ》)を《進撃の炎軍》でバニッシュしました。このような場合、《進撃の炎軍》の効果と、トリガーした能力はどちらが先に解決されますか?
A:ある1つの効果(A)によって、別のトリガー能力(B)がトリガーした場合であっても、その効果(A)の処理がすべて終了するまで、能力(B)は発動しません。よって、この場合、《進撃の炎軍》の解決がすべて終了した後に、《コードアンチ ドロンジョ》の常時能力が発動します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-19 (木) 15:23:44 (854d)