真名(まな)巫女(みこ) マユ》

カード名真名の巫女 マユ[マナノミコマユ]
カードタイプルリグルリグタイプタマ/イオナ
レベル5リミット12グロウコスト白(0)
【グロウ】あなたのルリグデッキから<タマ>または<イオナ>のルリグ1枚を公開し、それをあなたの場のルリグの下に置く
【出】:あなたのルリグトラッシュからすべてのルリグをこのカードの下に置き、アーツを2枚までルリグデッキに戻す。
【起】エクシード2:対戦相手のすべてのシグニをトラッシュに置く。対戦相手はデッキの上からカードを2枚公開する。対戦相手はその中からシグニを2枚まで場に出し、残りをトラッシュに置く。
繭の部屋同時使用制限カード(2016/02/13適用):
《創世の巫女 マユ》

 WHITE HOPE -movie ver.-で登場したレベル5・タマ/イオナルリグ

 同時使用制限カードである《創世の巫女 マユ》と同一のグロウ条件リミットを持つ。
 回収できるアーツの色を問わなくなった代わりに枚数が2枚に制限された。
 《創世の巫女 マユ》の最大回収枚数は3枚なので、及びアーツを積極的に使用する場合はあちらの方が良い。以外のアーツを投入する場合はこちらが勝る。

 エクシードは相手シグニを全てトラッシュに送り、その後相手のデッキの上から2枚を公開し、その中からシグニを最大2枚出現させるというもの。
 出現時能力で盤面を埋めるタイプでもなければ確実に1体減らせる上、スペルを引いた場合は場に出すこともできない。
 また、発動にターン中の回数制限がないので、下のカードが残っているならば連発することも可能。

 《フィア=リカブト》が場に居る時に発揮すれば一掃した枚数分エナチャージを行える。
 《台風一過》などのエナを多く要求するカードを使用する際に効果的。
 加えて下のカードが残っているならば相手にとってはめくったシグニを場に出すと再度エナチャージの機会を与える形となるため、盤面を空にする選択を迫れる。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-27 (水) 00:20:59 (664d)