真情(しんじょう)記憶(きおく) リル》

カード名真情の記憶 リル[シンジョウノキオクリル]
カードタイプルリグルリグタイプリル
レベル4リミット11グロウコスト赤(0)
コイン+(1)
フォーマットK
【出】:あなたのトラッシュから[ライズ]を持つシグニ1枚と<アーム>のシグニ1枚を手札に加える。
【起】(ターン1)[赤(0)]:ターン終了時まで、あなたの[ライズ]を持つシグニ1体は【ダブルクラッシュ】を得る。
【起】(ゲーム1)オーネスト◎:対戦相手は数字1つを宣言する。ターン終了時、このターンに対戦相手が使用したアーツの回数が宣言した数字と異なる場合、対戦相手はゲームに敗北する。

 フルスクラッチで登場したレベル4・リルルリグ

 トラッシュからライズシグニ1枚と<アーム>のシグニ手札に加える出現時能力、1ターンに1回、ライズシグニダブルクラッシュを与える起動能力、ターンの終了時に条件を満たすと対戦相手を敗北させる起動能力を持つ。

 1つ目の能力で加えられる<アーム>のシグニライズの有無が関係ない為、手札と相談してライズ持ちを2枚加えることも出来る。
これにより序盤の事故回避を間接的な手札温存手段に変換出来る。

 2つ目の能力で加えたライズシグニダブルクラッシュをノーコストで付与できるため、《レイラ=デッドエンド》と並んで非常に攻撃的なルリグとなっている。

 3つ目の能力は対戦相手を特殊敗北させることができる。
相手が使用するアーツの枚数を決められるとはいえ宣言がメインステップ中であり、その後の展開次第では相手の思惑を大きく外す事が出来る。
少数であれば盤面を破壊する事で上記の効果で【ダブルクラッシュ】を持ったシグニにヘイトを持たせられ、多数であればあえて何もしない事でアーツの浪費をさせる事も出来る。
ただしアンコールを採用する事が多い緑子が相手の場合は多少のエナは削れるものの調整されてしまう可能性がある。

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力は《ライズアイコン》を持つシグニしかトラッシュにない場合も発動できますか?
A:はい、《ライズアイコン》を持つシグニしかない場合や<アーム>のシグニしかない場合でも、該当するシグニのみを手札にも加えることができます。

Q:オーネストとは何ですか?
A:この能力の名前です。コインを支払うことでこの能力を発動し、テキストに書かれている効果を発揮することができます。

Q:オーネストは実際にはどのように使用しますか?
A:オーネストを使用して対戦相手は1を指定したとします。そうすると対戦相手はこのターン1回もアーツ使用しなかったり、2回以上アーツを使用してしまうとターン終了時にトリガーして発動する能力で敗北してしまいます。
このことを利用して、ゲームを有利に進める作戦を立てていきます。

Q:オーネストで0を宣言できますか?
A:はい、宣言することができます。その場合、対戦相手は1枚以上アーツ使用すると、ターン終了時に敗北してしまいます。

Q:1以上を対戦相手が宣言したのでそのままターン終了を宣言しました。対戦相手【アタックフェイズ】アーツを使用できずに敗北しますか?
A:いいえ、対戦相手は敗北しません。シグニルリグアタックするしないにかかわらず各フェイズステップは必ず行われるので、対戦相手は必ずアーツを使用するタイミングを得ることになります。

Q:1以上を対戦相手が宣言したあとに一方のプレイヤーがそのターン2回目のリフレッシュを行いターンが終了しました。対戦相手はゲームに敗北しますか?
A:いいえ、敗北しません。《エンドホール》のFAQにもあるように「ターンを終了する」という処理を行うとエンドフェイズの①である「ターン終了時、」という能力がトリガーするタイミングがスキップし、トリガーしません。
また、次のターンターン終了時はオーネストを使用したターンではないため、トリガーしません。

Q:対戦相手ルリグ《白滅の巫女 タマヨリヒメ》で、自分がオーネストを使用し、その後対戦相手《白滅の巫女 タマヨリヒメ》のイノセンスを使用しました。対戦相手がオーネストで宣言した数字と異なる枚数のアーツ使用した場合、対戦相手は敗北しますか?
A:いいえ、敗北しません。オーネストの敗北する効果は、ターン終了時にトリガーするトリガー能力です。そのため、《白滅の巫女 タマヨリヒメ》「イノセンスFAQ−後からトリガーする効果」と同様の理由で、このトリガーが発生しなくなります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-25 (水) 16:52:32 (146d)