真実(しんじつ)記憶(きおく) リル》

カード名真実の記憶 リル[シンジツノキオクリル]
カードタイプルリグルリグタイプリル
レベル4リミット11グロウコスト赤(3)
【常】:あなたの[ライズ]を持つすべての<武勇>のシグニのパワーを+3000する。
【自】:あなたのメインフェイズ開始時、あなたのデッキの一番上を見る。それが赤のシグニの場合、それを場に出してもよい。
【起】オーネスト◎:対戦相手は手札を公開し、その後、自分のルリグデッキからカードを3枚公開する。(2枚以下しかない場合はすべて公開する)

 インサイテッドセレクターで登場したレベル4・リルルリグ

 常時能力ではライズを持つシグニバトルに強くなり、自動能力によってシグニを確保できるため、ライズの「除去されると普通のシグニ以上に再展開にリソースを必要とする」という弱点を補うことができる。
 《仙石の西猿 ゴクウ》のような自身のパワーを参照するライズシグニ能力をサポートできるというのも強みだが、ルリグ自身は除去能力を持つわけではないのでこちらのシグニ効果を受けないような相手の盤面には弱い。
 《決死の記憶 リル》に比べるとシグニ能力への依存度が高いことに気を付ける必要があるだろう。

オーネスト(1)

 対戦相手手札全てとルリグデッキの内3枚を公開させるというどことなく青らしいコイン技。
 相手のアーツなどを確認することにより、相手がどのような戦法を使うかなどを知ることができるが、タイミングによってはグロウ先のルリグや必ず入っているアーツを公開されてしまうこともあり得る。
 ガード持ちの有無やレベルを確認して《燐廻転生》で一気に攻めたり、キーカードを《ディストラクト・スルー》で捨てさせるといったコンボに繋げることもできる。

Lostorage incited WIXOSSにおいて

 相手に一つ質問し、それに必ず正直に答えなければいけないという能力。

正直者/回答と解答━━ネタバレ注意

 漫画『必殺♡オーネスト』では、すず子の対戦相手がオーネストの効果によって他人に聞かれたくない本音を次々にぶっちゃけるのが話の基本パターンとなっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《コイン》のコストはどのように支払いますか?
A:得たコインを1枚を除外することで《コイン》を支払うことができます。コストに必要な枚数のコインを得ていない場合は、《コイン》を支払うことはできません。

Q:「オーネスト」とは何ですか?
A:この能力の名前です。コインを支払うことでこの能力を発動し、テキストに書かれている効果を発揮することができます。

Q:自動能力でデッキの一番上を見たら、赤の《ライズ》を持つシグニでした。これを場に出せますか?
A:《ライズ》を持つシグニは、効果によって場に出す場合でもライズ条件を満たす必要があります。そのシグニを場に出す際にライズ条件を満たせるのであれば場に出すことができますが、できない場合は場に出せません。

Q:オーネストによって公開された手札やルリグデッキのカードはいつまで公開していなければなりませんか?
A:デッキの上からカードを見る、などと同様に効果を処理するまでです。残りのゲーム間、公開され続けるわけではありません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-02 (月) 19:37:52 (658d)