自縄自縛(ウィップラッシュ)

カード名自縄自縛[ウィップラッシュ]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト緑(3)使用タイミング【アタックフェイズ】
フォーマットK
このアーツを使用するためのコストはあなたの場にあるシグニ1体につき、[緑(1)]減る。

あなたのシグニ1体と対戦相手のシグニ1体をそれぞれのチェックゾーンに置き、それらをダウン状態で場に出す。

 エクスプロードで登場したアーツ

 普通に使っても1面防御、自分のシグニが生きていれば移動させて+1面防御、更に自分のシグニの数だけエナコストが減る効果も持つので、自軍が全滅していない限りはコスト効率的に悪くないアーツである。

 お互いのシグニ1体ずつをダウンさせつつ移動させるとも読める効果だが、チェックゾーンに置いてからに出しなおすという処理が特異な効能を発揮する。
 直接ダウンさせるわけではないので「効果によってダウンしない。」は貫通し、出しなおす前後で違うシグニであると判定されるため《羅祝石 ダイヤブライド》アップ能力も使えない。
 ただし一旦から離れさせる効果なので、《羅星姫 アラクネ》《不可思議な誇超 コンテンポラ》には通じないという弱点もある。
 出しなおしたシグニ出現時能力はお互いに有効なため、除去をまぬがれた出現時能力を持つシグニを出しなおせば防御面数を増やすことも可能である。
 逆に相手に出しなおさせるシグニ選びは要注意。出しなおしたシグニ効果発動前に除去されては元も子もない。

 このアーツが特によく効く場面といえば、相手のライズシグニがいるときだろう。
 ライズを持つシグニは下にあるカードを失った状態でチェックゾーンに行き、に出る際は再びライズ条件を満たす必要があるので、再度出てくるときも下に置くシグニを要求される。
 特に《弩書 ザ・ロウ》は緩いライズ条件が災いして、問答無用で他のシグニ2体を下敷きにしてダウン状態で帰ってきてしまう。

 最大効果を得られる場面は限られるものの、基本的な1面防御としての仕事は約束されているアーツ
 一部シグニへの特効ともなるため、を扱うデッキなら頼ってみるのもいいだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:どちらかの場にシグニがない場合でも、このアーツを使用できますか?
A:はい、できます。その場合、選べる側のシグニだけ選び、効果を処理します。

Q:どちらの場にもシグニがありますが、対戦相手の場のシグニを選びたくない場合、自分のシグニだけ選んで使用することはできますか?
A:いいえ、できません。対戦相手の場に選べるシグニがある限りは、必ずそのうちの1体を選ぶ必要があります。

Q:この効果によってダウン状態で場に出したシグニの出現時能力は発動しますか?
A:はい、発動します。お互いのシグニそれぞれに出現時能力がある場合、ターンプレイヤー側のシグニが先に発動します。
ターンプレイヤー側のシグニの出現時能力で、もう一方のプレイヤーのシグニが能力発動前に場を離れた場合、そちらの能力は不発となります。

Q:【チャーム】や【アクセ】がついているシグニや、下にカードが置かれているシグニを選んでこのアーツを使用した場合、それらのカードはどうなりますか?
A:一度場を離れますので、ついていたカードや下に置かれていたカードはトラッシュに置かれます。

Q:この効果で選んだシグニが「場を離れたとき」にトリガーする自動能力を持っていた場合、それは発動しますか?
A:いいえ、発動しません。それは場を離れてチェックゾーンに置かれたときにトリガーしますが、そこからさらに場に移動しトリガーした場所から離れましたので、能力は不発となります。

Q:このアーツを使用してレゾナを選んだ場合、そのレゾナはどうなりますか?
A:そのレゾナはチェックゾーンに置かれる代わりにルリグデッキに戻ります。後半の効果で場に出ることもありません。

Q:ターン1回の制限が能力を使用したり発動したシグニに対して、そのターン中にこのアーツを使用しました。そのシグニはもう一度ターン1回の制限がある能力の使用、発動ができますか?
A:はい、できます。一度場を離れ、再度場に出たシグニは元々場にあったシグニとは別のシグニとして扱われますので、あらためてターン1回の能力の使用、発動ができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-09 (木) 16:37:22