四型金娘(しがたきんき) 翠子(みどりこ)

カード名四型金娘 翠子[シガタキンキミドリコ]
カードタイプルリグルリグタイプ緑子
レベル4リミット11グロウコスト緑(0)
コイン+(3)
フォーマットK
【常】:あなたの中央のシグニゾーンにある<怪異>のシグニのパワーを+2000する。
【出】[緑]:あなたのルリグトラッシュから緑のアーツ1枚をルリグデッキに加える。
【起】(ゲーム1)テンタクル◎:次の対戦相手のアタックフェイズ開始時、ターン終了時まで、対戦相手のルリグ1体とシグニ1体は「アタックできない。」を得る。

 クラクションで登場したレベル4・緑子ルリグ

 常時能力により中央のシグニゾーン怪異シグニに微量パンプを与えられる。
単純な殴り合いに強くなれるだけでなく、大抵のシグニのパワー条件による効果を達成出来る為使い勝手が良い。

 出現時能力《紅蓮の巫女 タマヨリヒメ》を髣髴とさせるもの。
 あちらと違いグロウコストが無い為コストの工面は非常に容易である。
この効果で回収出来るであろうアーツは現在《意気軒昂》《三令五申》《生生流転》の3つ。
 《三令五申》は防御に向かず間接的なエナ消費が激しい為、再利用が容易で気軽に序盤の使用が出来る《意気軒昂》か、最悪コインの工面をしてでも再度発動したい《生生流転》あたりが良いだろう。

 ゲーム1回のテンタクルは《ゴールド・ディフェンス》の予約と言える。
 正念場の見極めが重要だがコイン1枚でアタックの半分が止められるのは非常に大きい。
 ライドとドーピングを持つ《レイラ=デッドエンド》には効き目が薄いが《コードアクセル エフワン》が非常に痛い為危険だと思ったら迷わず使っていきたい。

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力は必ず発動させる必要がありますか?
A:いいえ、出現時能力にコストがある場合、そのコストを支払わずに発動しないことを選ぶことができます。

Q:テンタクルとは何ですか?
A:この能力の名前です。コインを支払うことでこの能力を発動し、テキストに書かれている効果を発揮することができます。

Q:《棘々迷路》は出現時能力で加えられますか?
A:いいえ、《棘々迷路》はクラフトアーツなのでルリグトラッシュには置かれないため、出現時能力でルリグデッキに戻すことはできません。

Q:テンタクルを使った時点で「アタックできない」を得るルリグとシグニを選択する必要はありますか?
A:いいえ、対戦相手のアタックフェイズ開始時に「アタックできない」を得させる能力がトリガーするため、それを発動する際にルリグとシグニを選択します。選択する際は、テンタクルを使用したときに場にいなかったルリグとシグニも選択することが可能です。

Q:テンタクル使用後に対戦相手のターンに《DYNAMITE》などで《コードラビリンス ノイヴァン》のライフバーストが発動した場合、相手のアタックフェイズ開始時にテンタクルの能力は発動しますか?
A:はい、発動します。仮に《四型金娘 翠子》のテンタクルが「アタックフェイズ開始時、〜を得る」という能力をルリグに与えている能力であれば、《コードラビリンス ノイヴァン》のライフバーストで与えられた能力を失い、アタックフェイズ開始時になっても「」の能力は発動しません。しかし、テンタクルはこのような能力を与えという効果ではありませんのでルリグが能力を失ったとしても発動の有無には影響がなく、通常通り発動します。

Q:ゲーム1回のテンタクルを使用した後、別のルリグにグロウし、再度《四型金娘 翠子》にグロウした場合、テンタクルを再度使用することはできますか?
A:はい、使用することができます。ゲーム1回という能力の使用制限はあくまでそのルリグ(カード)のその能力を指しており、あらたに場に出たルリグはその能力を使用したルリグとは他のカードとしてルール上は扱われるためです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-13 (木) 18:49:07 (11d)