錯乱(さくらん)する所以(ゆえん)

カード名錯乱する所以[サクランスルユエン]
カードタイプスペル
コスト無(1)限定条件-
数字1つを宣言する。あなたのデッキの上からカードを5枚公開する。その中から宣言した数字と同じレベルを持つシグニを2枚をまで手札に加え、残りをシャッフルしてデッキの一番下に置く。
【ライフバースト】:数字1つを宣言する。あなたのデッキの上からカードを5枚公開する。その中から宣言した数字と同じレベルを持つシグニを2枚をまで手札に加え、残りをシャッフルしてデッキの一番下に置く。

 コロコロアニキ2017年秋号付録で登場した無色スペル

 止め系等のシグニのレベルが偏ったデッキで使うことで《THREE OUT》を使わずとも手札を増やすことが出来る。

  • スペルが雑誌付録となる場合の先例に従い1冊あたり2枚が付属しているが、同一カード名で(パラレルや差分でなく)構図段階から根本的にイラストが異なる2枚のカードが付録になるのは初めてである。
  • フレーバーテキストの「こっちが効果の欄です」とは、PR-434, 435ともイラスト欄の吹き出し部分にプレイヤーを錯乱させる目的でカードテキストのような文章が書いてあることへの注意喚起であろう。吹き出し部分に書かれた文章(タマの台詞)は以下の通りで、どちらも「という効果ではありません」とツッコミが入っている。
  1. PR-434 「モンスター以外のカードが出るまでドローしその数だけ追加攻撃!」ドン★
  2. PR-435 「このカードの効果に加え、相手をサレンダーさせてもよい」
  • PR-434は高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』のシリーズ初代主人公・武藤遊戯(闇遊戯)風になってしまったタマのイラストだが、基になった場面は原作漫画には無くアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』オリジナルエピソードのドーマ編に登場する。
    • 当然ながら、WIXOSSに「モンスター」は存在せず、類似しているカードの名称は「シグニ」である。つまりイラスト内の効果を実行した場合「全部モンスター以外なので一回しか成功しない」のが確定する。しかし1エナで確定でルリグアタック?追加と1ドローと考えればスペルとしてはかなりの性能である。
  • PR-435は何かのパロディと言う訳ではなく、一見すると普通に描かれた-だが、その手には《錯乱する所以》がありカードに描かれたタマも《錯乱する所以》を持っており……と言うエンドレス構造になっている。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-01 (木) 04:58:44 (263d)