劫末(ゴウマツ)唄鍵(ウタカギ) ワールド・エンド》

カード名劫末の唄鍵 ワールド・エンド[ゴウマツノウタカギワールドエンド]
赤/青カードタイプキー
コスト◎(1)限定条件-
フォーマットK
【自】:あなたのアタックフェイズ開始時、あなたの場にあるシグニが持つクラスが<精元>を除いて合計2種類以上ある場合、カードを1枚引くか【エナチャージ1】をする。
【起】◎:対戦相手のシグニ1体をデッキに加えてシャッフルする。
【起】【アタックフェイズ】このキーを場からルリグトラッシュに置き、ルリグデッキからクラフトではないアーツ1枚をルリグトラッシュに置く:あなたのトラッシュからシグニ1枚を場に出す。

 コリジョンで登場した/キー

 一見クラス混合前提の自動能力であるように見えるが、1枚で複数のクラスを持つシグニであればそれをに1体配置するだけで発動条件を満たすことができる。
 それらを利用することで、クラスを統一した構築でもあなたターンの度にドローまたはエナチャージを狙える能力となっている。
 限定条件を持たない該当シグニは様々なクラスに遍在しており多くのデッキで利用可能だが、その中でも紅蓮シグニは全てが古代兵器を併せ持つことで自然と満たせるのでLoVとは特に相性が良い。
 その他、対戦相手トラッシュからシグニを傀儡状態でに出せるアルフォウとの相性も良い。

 起動能力による除去はコインさえ支払えば何度でも使用できる。
 コインは得る手段は限られているものの、キー能力によってシグニデッキに戻す行為は耐性で阻まれにくく、対戦相手エナ手札を与えない点も優秀。
 強大な耐性付与シグニを除去し、強固に固められた対戦相手の盤面に大穴を穿つ可能性を秘めている。

 使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ起動能力は大雑把に言うならば「クラフト以外の任意のアーツをこのキーコストに使う《グレイブ・アウェイク》に変換する」というものである。
 アンコールを持ち明確な使用機会がもう来ないであろうアーツを有効活用出来る為中々侮れない能力であり、除去で防御するデッキが耐性を持つシグニに対抗する最後の手段にもなりうる。
 特に使用タイミング対戦相手に依存する【スペルカットイン】しか持たない《カウンター・アクセント》《リフューズ・スペル》等を対戦相手スペル使用しなかった場合の活用先にできるのは大きな強みである。
 その他にも《ホーリー・グランドスラム》と併用して《大願成就》等のコスト合計が5以下のアーツコストを支払わずに使用タイミング限定条件を無視して使用するといった使い道も考えられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q: シグニ1体が<アーム/ウェポン>のように2種類のクラスを持っている場合、自動能力の条件を満たしますか?
A:はい、満たします。1体が2種類以上のクラスを持っている場合も、2体以上合わせて2種類以上のクラスになる場合もどちらも条件を満たすことができます。

Q:ルリグデッキにアーツがない場合は、コストとしてこのキーだけルリグトラッシュに置いて起動能力を使用できますか?
A:いいえ、コストの一部のみを支払うことはできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-09 (月) 17:21:09