紅蓮(ぐれん)巫女(みこ) タマヨリヒメ》

カード名紅蓮の巫女 タマヨリヒメ[グレンノミコタマヨリヒメ]
カードタイプルリグルリグタイプタマ
レベル4リミット11グロウコスト白(3)
【出】[白]:あなたのルリグトラッシュから白のアーツ1枚を対象とし、それをルリグデッキに加える。
【起】手札から<アーム>と<ウェポン>のシグニを合計2枚捨てる:対戦相手のシグニ1体を対象とし、それを手札に戻す。
【起】(ターン1)エクシード2(あなたのルリグの下からカードを合計2枚ルリグトラッシュに置く):あなたのデッキからシグニ1枚を探して場に出し、デッキをシャッフルする。

 インフェクテッドセレクターで登場したレベル4・タマルリグ

 ルリグトラッシュアーツ1枚をルリグデッキに加える出現時能力手札アームウェポンシグニを計2枚捨て、対戦相手シグニ1枚を手札に戻す起動能力エクシード2でデッキからシグニ1枚をに出す起動能力を持つ。

 コストエクシードを利用する能力は非常に強力で、アドバンテージを一切消費せず、デッキからシグニを1枚を一切の制限もなくに出せる。
 デッキからに出すシグニにはレベルの制限がなく、エクシード以外のコストを要求しないため、他のカードコストの競合を起こす心配もない上に、1ターンに1度という使用制限こそあるが、起動能力のため複数回の使用が可能。
 特殊な構築でない限り、1回のゲーム中に2回しか使用できないが、手札に加えるかに出すかの違いがあるとはいえ、同等の探す範囲の能力を持つ《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》が、使い切りの出現時能力であることを考えると、破格の能力といえる。

 出現時能力アーツ限定の《スピリット・サルベージ》ともいうべき能力
 《スピリット・サルベージ》と違い、アタックフェイズメインフェイズでの使用は不可能だが、アーツ枠を圧迫しないため、実質アーツを1枚多く採用しているのと等しいといえる。
 レベル4のルリグでありながら、アーツを最大6枚使用できるというのはこのカードならではのメリットであり、非常に優秀な能力である。
 コストとしてエナ1を必要とする点、そして、出現時能力のため、このカードグロウする前にアーツ使用しておく必要がある点には注意が必要。
 使用するアーツにもよるが、 アーツでのコスト消費によってグロウコストが足りない、あるいはグロウはできるが出現時能力が使えないといった状況も十分考えられる。
 この能力があるからといって考えなしに序盤からアーツ使用するのではなく、対戦相手のプレイスタイルやデッキを見極め、慎重にアーツ使用するかしないかを決定したい。

 バウンス能力は、アームまたはウェポンシグニを合計2枚捨てる必要があり、やや使用するが難しい。
 それでも前述のエクシード能力によって手札の消費を抑えられることや、《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》等で指定されたクラスシグニサーチすることである程度カバーでき、またエナを消費しないため他のエナを消費するカードに気兼ねすることなく使用することが可能である。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-07 (月) 20:55:44