幻水姫(げんすいひめ) ダイホウイカ》

カード名幻水姫 ダイホウイカ[ゲンスイヒメダイホウイカ]
カードタイプシグニクラス精生:水獣
レベル4パワー12000限定条件-
【自】:あなたのアタックフェイズ開始時、あなたはカードを2枚引く。
【自】:あなたのターン終了時、あなたは手札を1枚捨てる。
【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたは手札を好きな枚数捨ててもよい。その後、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーをこの方法で捨てた手札1枚につき、−6000する。
【ライフバースト】:カードを1枚引く。その後、あなたの手札が4枚以下の場合、追加でカードを1枚引く。

 リプライドセレクターで登場したレベル4・精生水獣シグニ

 アタックフェイズ開始時に2枚ドローし、エンドフェイズ手札を1枚捨てる自動能力を持つ。
 シグニゾーンにこのシグニ1体が存在するだけで、ターンが回ってくる度に手札トラッシュを1枚増やせる。

 更にアタック時に手札捨てることで対戦相手シグニパワーを減らしてバニッシュし、直接ライフクロスクラッシュを狙うことも出来る。
 自身の効果で稼いだ2枚でもパワー−12000、3枚ならばレベル5やレゾナも射程に入る−18000を叩き込める。

 このシグニによるダメージを防ごうとアーツ使用しても、除去すると2枚の手札を、ダウンなどでアタックできなくしても1枚の手札を与えることになる。
 一方このシグニアタックを許すと、手札を使わせることができるが、シグニ1体とライフクロスを失うことになる。
 どちらにせよアドバンテージの差が開くことになるため、デッキタイプを選ばずに投入が検討できる。
 ただ、このシグニアタックを受けるということはエナを増やす機会にもなるので、相手のデッキに入っていることがわかったら、なるべくライフクロスを温存しておきたい。

 で利用するのはもちろん、トラッシュを肥やす手段としても相性が良い。
 手札を増やしづらいでもアタッカー兼手札供給手段として働き、《水天一碧》《アイスフレイム・シュート》コストにもなるため採用して損はない。
 アドバンテージ源からフィニッシャーまで仕事がこなせる、デッキカラーを選ばずに投入を検討できる万能シグニである。

 ウリス限定のスペルである《エニグマ・オーラ》とは特に相性が良い。
 《エニグマ・オーラ》の効果でルリグアタックした時に、このカードトラッシュに送られるので、「ターン終了時に1枚手札を捨てる」という自動能力発動しなくなる。このシグニで増やした手札を温存しながら次のターンに入れるのだ。
 「トラッシュ肥やし」という強みを捨てた形にはなるが、手札の消費が激しく、特にガードの確保が終盤戦の課題となるウリスにとっては有り難いドローソース兼メインアタッカーとなる。

  • に出たターンにほぼ間違いなく2枚の手札が手に入るというメリットだけでなく、立て続けに出したりドローを行ったりすることでその分高速にデッキを減らすことができ、結果的にリフレッシュすることで再利用もしやすいといったさらなる利点もある。この際不要なシグニをエナゾーンに固めておき、コストの支払いをこのカードで行えばデッキ枚数が少なくできるため効率よく脅威を立て続けることができる。
  • 《ダイホウイカ》以後、様々な攻撃時効果を持つシグニが出現し、オールスターでの《ダイホウイカ》採用率はクラクション現在落ち着いてきている。しかし他のシグニはアドバンテージの獲得が遅いか出現時のみといったものが多く、「維持されるとアドバンテージが開く」このシグニは青デッキでは現役である。
  • ダイオウホウズキイカ(Colossal squid)はダイオウイカ(Giant squid)と混同されやすいがダイオウイカは開眼目ダイオウイカ科、ダイオウホウズキイカはスルメイカ下目サメハダホウズキイカ科とそれぞれ別種を構成している。
    和名はその体色がホウズキの実に似ていることから付けられた。体長12〜14メートルとダイオウイカの2倍以上に成長する世界最大級の無脊椎動物であり、船を襲撃する伝承上の巨大イカ・クラーケンの正体とも言われている。
  • 3つの自動能力リプライドセレクターでの初出時は常時能力だったが、エクスポーズドセレクターへの再録時に置き換えられている。カードの挙動に変更はない。

関連カード

−イラスト関連

−フレーバーテキスト関連

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-10 (日) 13:32:36 (66d)