幻深水姫(げんしんすいき) デメニギス》

カード名幻深水姫 デメニギス[ゲンシンスイキデメニギス]
カードタイプシグニクラス精生:水獣
レベルパワー15000限定条件エルドラ限定
【自】:あなたのライフバーストが発動するたび、対戦相手のシグニ1体をデッキの一番上に置く。
【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの一番上を公開する。それが【バーストアイコン】を持っていた場合、そのカードをチェックゾーンに置き、そのライフバーストを発動させる。(その後、エナゾーンに置かれる)
【ライフバースト】:あなたのデッキの一番上を公開する。それが【バーストアイコン】を持っていた場合、それをライフクロスに加える。

 アンフェインドセレクターで登場したレベル5・精生水獣エルドラ限定のシグニ

 自己完結した2つの能力を持っており、自身のアタック時にライフクロスを減らさずにライフバースト発動させつつ対戦相手シグニを排除可能。

 いったん発動させればライフバーストの持つバニッシュバウンス効果で更なる追撃を行うのはもちろん、ドロー効果を発動させて《幻水姫 グレホザメ》の連続攻撃、
 《コードラビリンス ルーブル》で次のターンの布石を作る、《羅輝石 ダイヤブライド》で直接クラッシュを狙うといったことも可能。
 タイミング的に攻撃補助が基本だが、《幻水姫 ナマコズ》などライフクロスを増やす効果も有効でもう一枚の《幻深水姫 デメニギス》をめくることも強力。
 またこうした変幻自在の戦法のどれが発動するかは相手にはまずわからないため必要以上に警戒してアーツを使わせやすいことなども利点といえるだろう。

 ついでにエナゾーンカードも1枚増えるといいこと尽くめだが、デッキの一番上の操作をせずに運に任せるのはあまりにも危険。
 しかもこのシグニに出せる《エルドラ=マークV》《エルドラ×マークV MASTER》及び《紡ぐ者》はいずれもデッキの一番上を操作する能力を持たないため、
 事前に《幻水 ハイギョ》《ゲット・オープン》などを使用しておく必要がある。

  • SELECTOR SELECTIONでの再録に際して初出時の常時能力が二つとも自動能力へ置き換えられているが、カードの挙動に変更はない。
  • デメニギスとは深海魚の一種で、頭骨の代わりにドームのような透明な膜を持ち、眼が膜の中の液体に浮かんでいるのが特徴。
    なおデメニギスという生物自体は1930年代には知られていたが、このドームは2000年代になって初めて生きたデメニギスとともに発見された。
    • シグニ化するにあたって、流石に頭骨を透明にするわけにはいかなかったか、シグニが被る帽子のようにアレンジされている。
  • シークレットのフレーバーテキストはアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日版第1シリーズ)のエンディング曲「ぼくドラえもん」のパロディと思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:上段常時能力はいつ発動しますか?
A:あなたのライフバーストが発動したらトリガーし、ライフバーストの効果を処理した後に発動します。

Q:下段常時能力は強制ですか?
A:はい、このシグニはアタックしたときに常時能力がトリガーし、トリガーした能力が発動するのは強制です。デッキの一番上を公開し、それがライフバーストを持っていたのならチェックゾーンに置き発動するところまで強制となります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-10 (水) 18:53:19 (333d)