幻獣(げんじゅう) アカズキン》

カード名幻獣 アカズキン[ゲンジュウアカズキン]
カードタイプシグニクラス精生:地獣
レベル2パワー1000限定条件-
【常】:このシグニのレベルはあなたのエナゾーンにあるカード5枚につき+1され、このシグニのパワーはこのシグニのレベル1につき+3000される。
【常】:このシグニはレベルが4以上であるかぎり、「このシグニがアタックしたとき、このシグニの正面のシグニをバニッシュする。」を得て、レベルが5以上であるかぎり、「このシグニは対戦相手の効果を受けない。」を得る。
【自】:あなたのメインフェイズ開始時、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。

 カードゲーマー Vol.25付録で登場したレベル2・精生地獣シグニ

  • 《紅蓮の使者 ミリア》に続いて2枚目となる、スクウェア・エニックスのアーケードTCG『LORD of VERMILION III』とコラボレーションしたシグニミリアと同様、カードゲーマー1冊につきPR-240×2枚が付録になる。
  • 原作での性能は「自動的にマナ(エナと似たようなもの)が貯まりやすくなり、一定量貯まると凄まじい強さになる」というもので再現度は極めて高いものとなっている。
  • 名前の通り童話「あかずきん」がモデルのシグニである。
    原作ではこのアカズキン、お婆ちゃんに化けている狼を「おばあちゃんがアカズキンの為に狼に変身してパワーアップした」と思い込んでおり、その狼を連れて世界中の悪を倒す旅に出るというとんでもない童話の改変が行われている。
    ちなみに、アカズキンの持ち物は岩石のような「チーズ」とどう見ても毒薬にしか見えない「葡萄酒」である。
    • 余談であるが狼の性別は言動からオスであり、WIXOSSでは極めて貴重な男性キャラが映るシグニとなる。
    • フレーバーテキストの「おばぁちゃんパァーンチ!」は原作での攻撃時のセリフであったが、後に狼にも魔改造を施し「おばあちゃんブレイカー」となったものが再録版に採られている。パンチ自体はIVで「おばあちゃんパンチ改」として復活した。
  • 製品では「あなたのエナゾーンあるカード」の「に」が脱字となっており、エラッタが適用されている。コネクテッドセレクター再録版では初出時の常時能力のうち1つが自動能力へ置き換えられているが、カードの挙動に変更はない。
  • レベル4以上のときに得られるアタックバニッシュ能力の対象指定は「〜正面のシグニをバニッシュする。」なので、シャドウを持つシグニに対しても有効である。

関連カード

−他のLoVコラボレーションカード

収録パック等

FAQ

Q:エナゾーンのカードが0枚で《幻獣 アカズキン》を出した場合、パワーはいくつになりますか?
A:元々のレベルが2ですので常時能力で+6000され、パワー7000となります。

Q:ルリグのレベルが2で、《幻獣 アカズキン》があるときにエナゾーンにカードが5枚置かれました。 《幻獣 アカズキン》のレベルは上がりますか?
A:エナゾーンに5枚目のカードが置かれた時点で《幻獣 アカズキン》は常時能力によりレベルが+1され、ルリグのレベルが2の場合はレベルを超えてしまうため《幻獣 アカズキン》トラッシュに置かれます。

Q:ルリグのレベルが2で、エナゾーンにカードが5枚以上あるときに《幻獣 アカズキン》は場に出せますか?
A:《幻獣 アカズキン》は場に出すまではレベル2ですので、出すこと自体は可能です。場に出たあと、《幻獣 アカズキン》は自身の常時能力によりレベルが上がり、ルリグのレベルを超えてしまうためトラッシュに置かれます。

Q:《幻獣 アカズキン》のレベルが5以上のときでもアタックしたときに発動する常時能力は発動しますか?
A:はい、発動します。

Q:「対戦相手の効果を受けない」とはどういうことですか?
A:対戦相手の使用するスペル、アーツ、ライフバースト、シグニ、ルリグの能力等々、対戦相手が使用する効果から「パワーやテキストを変更する効果」「カードを移動する効果」「カードの状態を変更する効果」を受けません。

Q:メインフェイズ開始時に、デッキの上からカードをエナゾーンに置かないことを選べますか?
A:いいえ、選べません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-05 (日) 01:26:22 (260d)