幻獣(げんじゅう) ぷにとー》

カード名幻獣 ぷにとー[ゲンジュウプニトー]
カードタイプシグニクラス精生:地獣
レベル2パワー5000限定条件-
【常】:あなたのアタックフェイズ開始時、デッキの一番上を公開する。
それがレベル1のシグニの場合、ターン終了時まで、このシグニのパワーを+5000する。
レベル2の場合、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。
レベル3の場合、ターン終了時まで、このシグニは【ランサー】を得る。
レベル4の場合、カードを1枚引く。
レベル5の場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

リプライドセレクターで登場したレベル2・精生地獣シグニ

 普通に使えば構築をよっぽど絞らない限り狙った能力が発動しないことが多く、且つほとんどの場合このカードでなければ出来ないことではないのでいくら楽しみのある能力とはいえハズレを引く可能性が常につきまとう。
 単純に使うのはよっぽど運に任せたカードゲームをしたい場合でなければ得策ではないと言える。

 実用するのであれば《小弓 ボーニャ》《純朴の光輝 アグライア》などでデッキの一番上のカードを確認・操作することにより真価を発揮する。
 レベル2としてはかなり強力な能力揃いなので序盤を意識するなら非常に重宝するだろう。
 また、デッキの一番上のカードを他のぷにとー達と共有できるのも強みだが、逆を言えばぷにとーの発動できる能力は必ずいずれか1つに絞られる点には注意。

 カーニバル及びその専用カードと宇宙を中心としてこのカードと同じようにレベルを参照するカードが多数登場し、同時にそれらを補助するためのカードも増えた。
 《羅星 ≡ブンテン≡》《羅星 ≡コウドウ≡》はぷにとーのような能力によってレベルを参照する対象となったときに範囲内のレベルを選択できる能力を持ち、《羅星 ≡チドウ≡》は自身が場に出ていれば宇宙のシグニのレベルが参照されるとき1〜4のいずれか1つとして自由に選択できる等、ぷにとーにも恩恵がある効果を持っている。
 ただしぷにとーが宇宙ではないため自身が《羅星 ≡チドウ≡》アタック時能力が成功する確率を下げる点や、カード効果の範囲も《羅星 ≡ブンテン≡》はレベル3まで、《羅星 ≡コウドウ≡》《羅星 ≡チドウ≡》はレベル4までのためレベル5の場合の能力を選択できないことは注意が必要である。

  • ぷにとーサーブドセレクターからカード原画で参加している漫画家・イラストレーター藤真拓哉が主宰する同人サークル「ESSENTIA」のオリジナルキャラクター。
    過去にはブシロードのTCG『ヴァイス・シュヴァルツ』を原案とする漫画『ヴァイス・サヴァイヴ』に「某国の皇女」と言う設定で登場していたが、アニメ版(情報番組『カード学園』内のコーナー扱い)には登場しなかった。

収録パック等

FAQ

Q:公開したカードがレベル2の場合は公開されたカードがエナゾーンに置かれますか?また、レベル4の場合は公開されたカードを引きますか?
A:はい、デッキの一番上のカードはそのカードですので、その公開されたカードがエナゾーンに置かれたり引かれて手札に加えられます。

Q:スペルが公開された場合はどうなりますか?
A:その場合は何も効果が起こらず、そのスペルはデッキの一番上に置かれたまま効果は終了します。そのスペルは裏向きに戻します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-20 (日) 03:39:50 (452d)