幻怪姫(げんかいき) サトリーナ》

カード名幻怪姫 サトリーナ[ゲンカイキサトリーナ]
カードタイプシグニクラス精生:怪異
レベル4パワー12000限定条件ドーナ限定
【出】:対戦相手のシグニ1体に付いているすべてのカードと、下に置かれているすべてのカードをトラッシュに置く。
【起】【アタックフェイズ】[白] 手札からこのカードを捨てる:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体は能力を失い、新たに得られない。この能力はあなたのルリグが<ドーナ>の場合にしか使用できない。
【ライフバースト】:カードを1枚引く。あなたの次のターン、対戦相手の場にあるすべてのシグニは能力を失い、新たに得られない。

 コンフレーテッドセレクターで登場したレベル4・精生怪異ドーナ限定のシグニ

 出現時能力チャームアクセといったシグニに付いているカードと、ライズ条件や「このシグニの下にカードを置く」といった能力により下に置かれたカードをトラッシュに置くというもの。
 相手を選ぶ能力ではあるが、普通には対処し辛いシグニに対してもピンポイントで対処できる。またシグニ自体に効果を及ぼすものではないため、こちらの効果を受けないシグニに対しても妨害できる。
 なおシグニゾーンに置かれているカードであるトラップそもそもカードではないウィルスをこの能力によって除去することはできない。

 起動能力アタック時に発動する自動能力常時能力、こちらのターンであれば【アタックフェイズ】に使用できる起動能力を無効化でき、メインデッキに入れられる防御手段および詰めのサポートとして優秀。
 怪異には《幻怪姫 オワレ》《幻怪 コボルト》等トラッシュのカードをデッキに戻すカードがあるので、このカードを少量入れて必要なときに使いその後はデッキに戻してから使い回すと良い。

  • (さとり)は江戸時代の文献『今昔画図続百鬼』で紹介されている人間の心を読む能力を持った妖怪。現在の岐阜県全域(飛騨・美濃地域)に出没し、遭遇した人間が自分に殺意を抱いている場合は危険を察知してそそくさと退散すると言う。
    当初は「玃」と書いて「カク」と呼ばれていたが、後に人の心を読む能力から同じ音読の「覚」の字が当てられ「さとり」と訓読されるようになったと考えられている。
  • 2017年の都道府県ツアーにてユーザー参加で決められたプロフィールは以下の通り。
    • 趣味:盆栽(人を見るのに疲れたから)
    • 好きなもの:東京のイケメン男子
    • 嫌いなもの:海
    • 決め台詞:「私を捨てないで!!」

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力では具体的にどういうカードがトラッシュに置かれますか?
A:そのシグニに付いている【チャーム】や【アクセ】、《ママ・4 MODE2》の能力によって付けられたカード、またライズシグニや《コードハート M・P・P》の下にあるカードがトラッシュに置かれます。【トラップ】や【ウィルス】は場に残ります。

Q:ライフバーストでは、そのターン中に新たに場に出したシグニも能力を失いますか?
A:はい、そのターン中は元々場にあるシグニも新たに場に出たシグニも能力を失い、新たに得られません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-12 (土) 10:33:44 (5d)