金山(きんざん)西蔵(さいぞう) サンゾウ》

カード名金山の西蔵 サンゾウ[キンザンノサイゾウサンゾウ]
カードタイプシグニクラス精像:武勇
レベル3パワー8000限定条件リル限定
【自】:場にあるこのシグニの上に[ライズ]を持つシグニが置かれたとき、ターン終了時まで、そのシグニのパワーを+3000する。
【出】[赤]:あなたのデッキから[ライズ]を持つシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。

 レッドオーネストで登場したレベル3・精像武勇リル限定のシグニ

 出現時能力サーチしたライズを自身の上に配置しパンプアップするという噛み合った能力構成となっている。
 これの上に《仙石の西猿 ゴクウ》《矜持の豪魔 オダノブ》を置いてパワー15000をバニッシュするというのは公式の想定したコンボだろう。
 勿論それ以外のライズにおいてもこの能力は有用でライズ主体のデッキなら活躍が見込めるカードの一枚。

  • 三蔵法師(さんぞうほうし)こと玄奘(げんじょう)(602年〜664年)は、唐代中国の僧。仏教の解釈の乱れを憂慮し、発祥の地に原典を求めるためインドへの旅を計画するが国内の政情不安定を理由に出国の許可が下りなかったため禁を破って一人で西域への旅に出た。決死の旅を経てインドにたどり着いた後、657巻の経典を携えて帰国し『大唐西域記』を著す。実在の人物である玄奘の旅に道教の伝奇的要素が加わって16世紀の明代に成立した『西遊記』の作中では孫悟空猪八戒沙悟浄らを弟子入りさせ共に天竺(インド)を目指す高僧として、玉龍と呼ばれる白馬に乗った姿で描かれる。
     史実並びに『西遊記』の原典では男性だが、1978年に日本テレビで放送されたドラマ版で女優の夏目雅子が演じ、3作目では牧瀬 里穂、4作目のフジテレビ版でも深津絵里が演じた影響もあり、日本ではその後の二次創作でも女性として描かれることが多く「女体化」の定番の人物である。
    余談であるが世界の神話等において最も早く女体化をしたのは、トールのミョルニル奪還時に正式に女体化したロキである。日本においてはヤマトタケルノミコトが女装したのが女体化関連では最古と言われる。
  • フレーバーテキストの「金斗雲」は孫悟空が乗りこなす金色の雲だが、原典では「觔斗雲」と表記されている。しかし「角力」は日本で使用しない(JIS第2水準にも登録されていない)漢字のため、よく「金斗雲」や「筋斗雲」と言う当て字が用いられる。
    《篭手 トレット》《羅星 アルタイル》のようにサーチ対象のシグニが指定されている訳ではないが、フレーバーテキストから見ても主に《仙石の西猿 ゴクウ》サーチすることが前提になっているのだろう。

収録パック等

FAQ

Q:【自】とは何ですか?
A:【自】は自動能力です。今まで常時能力の一部で表現されていた、「〜したとき、〜するたび、〜時」などの条件を満たしたときにトリガーし、発動する能力です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-07 (火) 04:47:10 (926d)