極拳(きょくけん) ニャローブ》

カード名極拳 ニャローブ[キョクケンニャローブ]
カードタイプシグニクラス精武:アーム
レベル4パワー12000限定条件-
【常】:このシグニのパワーはあなたの場にある他の<アーム>のシグニ1体につき+1000される。
【自】:あなたの<アーム>のシグニ1体がバニッシュされたとき、シグニ1体をアップするかダウンする。
【出】[白]:あなたのデッキからカード名に《拳》を含むシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【ライフバースト】:対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。

 フォーチュンセレクターで登場したレベル4・精武アームシグニ

 アームシグニ1枚につきパワー+1000を得る常時能力アームバニッシュされた時にシグニアップ、或いはダウンさせる自動能力デッキから《拳》シグニ手札に加える出現時能力を持っている。

 自身の常時能力によるパワー増加でバトル面で優位をとれる点もさながら、アームバニッシュされた時にシグニアップ、もしくはダウンさせるという自動能力のパンチが実によく効いている。
 単体でもかなり防御に長けたカードであるが、アップする対象もクラスの縛りが無い為、《ゲット・インデックス》を併用することで更に様々な戦術が可能となる。
 《先駆の大天使 アークゲイン》同様、出現時能力で2枚以降のこのカードデッキから探せる上にそのコストが前述のそれよりも安く、他のアームシグニを多く並べるほど常時能力が重複するのも良点。

 しかしバトルによるバニッシュなら兎も角メインフェイズバニッシュされると態勢を立て直されやすい。
 最悪対戦相手シグニが存在しなかったり、起動能力使用した後の《幻水 シャークランス》などしかいなかった場合はほぼ無意味である。
 また、そもそもバニッシュ以外の方法で撤去される可能性も考えられることを忘れてはならない。

 要するに単純に使うと対戦相手デッキによって有用性が左右されやすい性質のカードである。
 能動的に使えるように《ゲット・インデックス》と何らかのダウン起動能力持ちのシグニを合わせてもいいが、必要なカードが多くなりメインデッキの採用枠を大きく割くことになるので注意。

 サクシードセレクター《大拳 カクシ》《大拳 ニンテケ》が追加され、特に《大拳 カクシ》と組み合わせることで連続攻撃が容易となりフィニッシャーとしても更に期待できるようになった。

関連カード

−イラスト関連

カード名に《拳》を含むシグニ

収録パック等

FAQ

Q:シグニアタックステップにおいて、一度アタック宣言を行ったシグニが《極拳 ニャローブ》常時能力によってアップ状態となりました。この場合、アップ状態となったシグニが再びアタック宣言を行うことは可能ですか?
A:はい、シグニアタックステップ中におけるシグニの攻撃回数に制限はありません。一度アタック宣言を行ったシグニであっても、何らかの効果によってアップ状態となった場合、再びアタック宣言を行う事が可能となります。

Q:《極拳 ニャローブ》自身がバニッシュされた場合、自動能力使用することは可能ですか?
A:はい、《極拳 ニャローブ》自身がバニッシュされた際にも自動能力使用することは可能です。

Q:中国語版《篭手 トレット》には””が含まれておりますが、これを探して手札に加えることは可能ですか?
A:いいえ、《極拳 ニャローブ》出現時能力手札に加える事が出来るのは日本語版のカード名に””が含まれるシグニのみです。他言語版にのみ””が含まれるカード手札に加えることは出来ません。逆に、他言語版に””が含まれないカードであっても日本語版のカード名に””が含まれていれば手札に加える事が可能となっております。

  • (2015/09/02)簡体字中文版《极拳 喵喵拳套》のテキストでは「《笼手 铁拳》以外,」の一文が追加されている。
  • (2016/02/04)なお、《鉄拳 アークトレット》は日本語版のカード名に《拳》が入っているので手札に加えられる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 14:39:35 (587d)