覚悟(かくご)飛将(ひしょう) リョフホウ》

カード名覚悟の飛将 リョフホウ[カクゴノヒショウリョフホウ]
カードタイプシグニクラス精像:武勇
レベル5パワー15000限定条件リル限定
【常】:あなたの場に[ライズ]を持つシグニがあるかぎり、このシグニは対戦相手の、ルリグとシグニの効果を受けない。
【自】:このシグニがアタックしたとき、対戦相手にダメージを与える。
【ライフバースト】:あなたのデッキから<武勇>のシグニを2枚まで探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。

 コネクテッドセレクターで登場したレベル5・精像武勇リル限定のシグニ

 アタックするだけでダメージを与えるという非常に攻撃的なシグニ
 自動能力アタック宣言時に発動する能力のため、《暴風警報》アタック自体を無効にする効果や《永らえし者 タウィル=フェム》などのダメージ無効能力でも防ぐことはできない。
 更にライズシグニがいるとルリグシグニに対する耐性まで得られる。
 《無二の征服 アレクサンド》や、《戦乱の一輪 オイチ》ライズした《矜持の豪魔 オダノブ》等の場持ちの良いライズシグニと併用することで間接的にこのシグニの場持ちも良くなる。
 非常に緩い条件でダメージを与えられるので普通にアタックするだけでも仕事をしてくれるが、理想はこのシグニアタックするまでにライフクロスを空にしておき、詰めの一手として使うことだろう。
 【リル】の切り札として申し分ない性能と言える。

 ライフバーストがやや腐る事になるが、《紡ぐ者》で使用する事も可能。

  • 呂布(生年不詳〜198年没)は三国時代中国の武将。字名を含めた「呂布奉先」、もしくは前漢の名武将であった李広の再来としてその異名であった「飛将」と呼ばれる。
    黄巾賊の乱の後に台頭し洛陽に入城した董卓に仕えていたが、董卓の横暴に不満を持った王允らと謀って宴席で董卓を暗殺し、そのまま出奔する。その後は三国の均衡を立ち回る中立勢力として存在感を示したが、最期は徐州で曹操軍に敗れて捕われの身となり処刑された。
    槍術・弓術・馬術のどれを取っても天下随一の腕前で三国時代最強の武将と評される反面、野心も人一倍強く何度も裏切りを重ねたことから日本の戦国武将・松永久秀とよく対比される。

収録パック等

FAQ

Q:アタックしたときの自動能力は、どのように処理されますか?
A:《覚悟の飛将 リョフホウ》がアタックしたとき、まずアタックしたときの自動能力が発動して対戦相手にダメージを与えます(もしこの時点で対戦相手にライフクロスがなければゲームに勝利します)。これによりクラッシュされた対戦相手のライフクロスがライフバーストを持っていた場合、次にそれが発動します。それらが処理された後、正面のシグニとバトルするか、シグニがなければさらに対戦相手にダメージを与えます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-20 (金) 00:27:46 (425d)