(ひら)きし(もの) タウィル=トレ》

カード名開きし者 タウィル=トレ[ヒラキシモノタウィルトレ]
カードタイプルリグルリグタイプタウィル
レベル3リミット7グロウコスト白(1)・黒(1)
【常】:このカードがエクシードのコストとしてルリグトラッシュに置かれたとき、このターン、対戦相手はシグニを2体までしか場に出すことができない。(すでに場に3体ある場合は2体になるようにシグニをトラッシュに置く)

 リプライドセレクターで登場したレベル3・タウィルルリグ

 エクシードコストとして支払われると能力を発動するルリグの一つ。
 能力発動すると、そのターンの間のみではあるが《白羅星 サタン》と同様の効果を発揮し、対戦相手シグニが3体並んでいた場合でも確実かつ安全に1面を開けることができる。
 グロウコストエナが含まれているため、常時能力《開かれし極門 ウトゥルス》エクシード能力で相手のターン発動させるのが基本となる。
 しかしこのケースだと、《開かれし極門 ウトゥルス》エクシード能力使用した時点でこちらのは埋まっており、相手のシグニが全てランサーアサシンを持っていた場合でもないと防御としては役立たない。
 一方で、《ディストラクト・スルー》などのアーツで得た、メインフェイズ使用できるエクシード能力によって発動した場合はこちらの攻撃に活用できる。もしくはあえて自分のターンに《開かれし極門 ウトゥルス》エクシード能力を使用するという選択肢もある。

 《サーバント》が貴重な【タウィル】ではグロウコストにマルチエナを使う余裕が無いため、の混色構築が必要になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの常時能力とエクシード能力は、どちらが先に発動しますか?
A:エクシード能力が先となります。エクシード能力の起動を宣言し、コストを支払い、エクシード能力が発動してその処理が終わってから《開きし者 タウィル=トレ》の常時能力が発動します。

Q:既に場に3体ある場合、2体になるようにトラッシュに置くシグニを選ぶのはどちらのプレイヤーですか?
A:《開きし者 タウィル=トレ》の対戦相手側となります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-26 (水) 09:33:30 (872d)