(ヒラ)かれし鍵門(カギモン) ウトゥルス》

カード名開かれし鍵門 ウトゥルス[ヒラカレシカギモンウトゥルス]
カードタイプキー
コスト◎(2)・白/黒(1)限定条件-
フォーマットK
【常】:あなたのルリグが<タウィル>か<ウムル>であるかぎり、それは追加で<タウィル/ウムル>を得る。
【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
【起】(ターン1)エクシード1:あなたのトラッシュから白か黒のシグニを合計2枚まで手札に加える。]
【起】【アタックフェイズ】エクシード4:あなたのトラッシュから白か黒のシグニを合計3枚まで場に出す。]
【出】:あなたのルリグトラッシュから白か黒のキー1枚をあなたのルリグの下に置く。

 ディセンブルで登場した/キー

 1つ目の常時能力によりウムルタウィルルリグの場合、そのルリグにもう一方のルリグタイプを追加できる。
 これによりオールスターの場合は《混沌の豊穣 シュブニグラ》《コードアンチ ヨグソトス》クロス自動能力《開かれし極門 ウトゥルス》《共闘の鍵主 ウムル=フィーラ》以外のレベル4以上のウムルタウィルでも使用出来る。
 それらは2つ目の常時能力ルリグが得る起動能力トラッシュから手札に加えたりに出せるので相性がよい。

 キーセレクションの場合は、効果の色の都合上ほぼ使われないが、タウィル《アンシエント・グルーヴ》ウムル《歌舞熱曲》をそれぞれ使用するためのコストを軽減した状態で使用できるようになる。
 《黒幕の舞姫 アルフォウ》ウムルタウィルと対戦した場合のルリグタイプは圧巻の一言。

 2つ目の常時能力では、ルリグに2つの起動能力を付与する。
 1つ目の起動能力はターン1回にトラッシュからシグニを合計2枚まで回収する。
 こちらをメインに使う場面はほぼ存在しないが、出現時能力ルリグの下のカードを供給出来た場合は惜しみなく使おう。

 2つ目の使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ起動能力エクシード4でトラッシュからシグニを合計3枚まで場に出せる。
 出現時能力発動制限やターン終了時のデメリットが一切無い為防御だけでなく攻勢に出る事も可能である。
 3枚までの任意選択の為シグニが居ても問題なく防御を行う事が出来る。
 この能力にはターン1回が存在しないが、ルリグの下のカードを8枚貯める手段もシグニを退かす手段も手間のかかるものばかりなので気にしない方がいい。

 出現時能力ルリグトラッシュキー1枚をルリグの下に置くというもの。
 一番無難な方法で調達するのであれば《一途の巫女 ユキ》《セレクト・ハッピー5》アンコールコストに充てると良いだろう。

 総じてフルスペックを発揮するにはオールスターのウムルタウィルの、特に《混沌の豊穣 シュブニグラ》《コードアンチ ヨグソトス》クロス自動能力を採用する必要があると言えるが、専用構築以上に相方のアクセス手段には気をつけよう。

  • 常時能力のルリグタイプ追加は《開かれし極門 ウトゥルス》が双方のルリグタイプを有している点、常時能力で付与する2つの起動能力はそれぞれ出現時能力とエクシード5の起動能力、出現時能力はグロウ条件をそれぞれ再現している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分のルリグが<ウムル>で、このキーを出した場合、限定条件がタウィルのシグニを出せますか?
A:はい、限定条件がタウィルのシグニを出したり、限定条件がタウィルのアーツやスペルを使用できます。

Q:最初の常時能力で<タウィル/ウムル>を得た後に、このキーが場を離れました。ルリグタイプはどうなりますか?
A:このキーが場を離れた場合はルリグタイプは元に戻ります。その時点で場にあるシグニの限定条件が合わなくなれば、それはルール処理でトラッシュに置かれます。

Q:エクシード1やエクシード4の能力で一度に選べるのは、白か黒どちらかの色のシグニのみですか?それとも両方組み合わせて選ぶこともできますか?
A:どの組み合わせでも可能です。指定されている枚数まででしたら、白のシグニのみを選ぶことも黒のシグニのみを選ぶことも、白と黒のシグニを組み合わせて選ぶこともできます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-27 (日) 09:52:33 (24d)