(ひら)かれし極門(ごくもん) ウトゥルス》

カード名開かれし極門 ウトゥルス[ヒラカレシゴクモンウトゥルス]
カードタイプルリグルリグタイプタウィル/ウムル
レベル5リミット12グロウコスト黒(0)
【グロウ】あなたのルリグデッキから<タウィル>または<ウムル>のルリグ1枚をあなたの場のルリグの下に置く
【出】:あなたのトラッシュから白または黒のシグニを合計2枚まで手札に加える。
【起】エクシード5:あなたのすべてのシグニを場からトラッシュに置く。その後、あなたのトラッシュから<天使>または<古代兵器>のシグニを合計3枚まで場に出す。この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ。

 リアクテッドセレクターで登場したレベル5・タウィル/ウムルルリグ

 《創世の巫女 マユ》と同様のグロウ条件を持つレベル5のルリグ
 基本的にトラッシュを基本として機能する能力である為、【タウィル】よりはトラッシュを増やしやすい【ウムル】向けのレベル5となっている。
 しかし起動能力《聖墓の神姉 ムンカルン》《遅起の花咲 アフロディテ》《聖技の護り手 ラビエル》など、シグニとの相性も良く、【タウィル】向けの性質も兼ね備えていると言える。

 ただこれ単体ではルリグデッキの枠を2枚消費する疑似《オーバーサルベージ》及び強固な防御手段程度でしかなく、決定打にはなりえない。
 基本的には《コードアンチ ヨグソトス》《混沌の豊穣 シュブニグラ》ありきでの運用となるだろう。
 同様のグロウ条件を持つ《創世の巫女 マユ》と同様に出現時能力カードの再利用ができるがシグニであるため、構築の際には残りのルリグデッキに入れる3枚のカードをよく吟味する必要があるだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「[グロウ]あなたのルリグデッキから<タウィル>または<ウムル>のルリグ1枚をあなたの場のルリグの下に置く」とはどういうことですか?
A:《開かれし極門 ウトゥルス》にグロウするためには、通常の、グロウを行う際のルールに追加して、【グロウ】欄に記載されている条件を満たす必要があります。《開かれし極門 ウトゥルス》の場合、自身のルリグデッキから<タウィル>または<ウムル>のルリグタイプを持つルリグを公開して、既に場に出ているルリグの下に置く必要があり、これを行ってはじめて《開かれし極門 ウトゥルス》へのグロウが可能となります。

Q:出現時能力で、白のシグニ2体または黒のシグニ2体を手札に戻すことは可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:「この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ」とはどういうことですか?

A:この能力はアーツの【アタックフェイズ】と同じタイミングで、アーツの【アタックフェイズ】と同じように使用を宣言し、解決させることが出来ます。この能力はルリグの能力として扱われます。なお、使用タイミング【アタックフェイズ】を持っているため、自身のメインフェイズ中に使用することはできません。

Q:エクシード5能力は、自分の場にシグニが1体もいない場合でも起動できますか?
A:はい、可能です。その場合でも、「その後〜」以降の効果は発生します。

Q:エクシード5能力で、<天使>と<古代兵器>のシグニを同時に選んで場に出すことは可能ですか?
A:はい、可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-01 (日) 21:26:58 (321d)