炎斬(えんざん)巨刀(きょとう)

カード名炎斬の巨刀[エンザンノキョトウ]
カードタイプスペル
コスト赤(2)・白(2)・無(1)限定条件-
あなたの場に<アーム>と<ウェポン>のシグニがある場合、このスペルを使用するためのコストは[白]コストが1、[赤]コストが1減る。

対戦相手のシグニ1体を手札に戻し、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【ライフバースト】:手札を1枚捨てる。それが<アーム>のシグニの場合、対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。<ウェポン>のシグニの場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。

 チェインドセレクターで登場したスペル

 エナを使うだけあって相手シグニを1体ずつバウンスバニッシュでき、計2体を処理できる効果のスペル
 バニッシュ耐性を持つシグニはかなり増えてきているがバウンス耐性は少ないため単純な複数除去カードより確実に効果を見込める。
 ただしその分コストは非常に重くアームウェポンを場に出して軽減したとしても安くはない。
 構築段階から熟考しつつ、適切な場面で敵のエースを処理していこう。

 ライフバーストバウンスバニッシュを選べる形ではあるがこちらが手札を捨てなければならないため確実性は低いのが難点。
 ただし複合クラスを捨てればコスト軽減と同じくどちらの効果も選べるので非常に強力となる。

収録パック等

FAQ

Q:<アーム/ウェポン>のシグニ1体だけが場にある場合、コストは減りますか?
A:はい、<アーム/ウェポン>は<精武:アーム>と<精武:ウェポン>の両方のクラスを持っているため、《炎斬の巨刀》のコストは減少します。

Q:<アーム/ウェポン>のシグニが2体ある場合、白×2、赤×2を減らせますか?
A:いいえ、その場合でも減るコストは白×1、赤×1となります。<アーム><ウェポン>のシグニがあるかないかのみチェックし、それらが何組あるかは確認しません。

Q:ライフバーストを発動させないことはできますか?
A:はい、ライフバーストの発動は任意です。発動しなければ手札を捨てる必要もありません。

Q:ライフバーストが発動し、《小剣 ミカムネ》や《大剣 レヴァテイン》等の<アーム/ウェポン>のシグニを1枚捨てた場合、シグニ1体を手札に戻し、シグニ1体をバニッシュすることはできますか?
A:はい、この場合、「手札に戻す」と「バニッシュ」の両方の効果を使用することが可能です。

Q:対戦相手の場に《音階の右律 トオン》と《終末の回旋 チェロン》があります。《炎斬の巨刀》のライフバーストによって《大剣 レヴァテイン》1枚を捨てることで、《終末の回旋 チェロン》を手札に戻してから、《音階の右律 トオン》をバニッシュできますか?
A:はい、可能です。テキストは書かれている順番通りに1つずつ処理をしますので、先に《終末の回旋 チェロン》を手札に戻し、次に《音階の右律 トオン》をバニッシュすることができます。
(※)《音階の右律 トオン》が自身の起動能力を使用していた場合はそもそもバニッシュできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-13 (月) 08:18:55 (857d)