(なが)らえし(もの) タウィル=フィーラ》

カード名永らえし者 タウィル=フィーラ[ナガラエシモノタウィルフィーラ]
カードタイプルリグルリグタイプタウィル
レベル4リミット11グロウコスト白(3)
【常】:あなたのすべての<天使>のシグニのパワーを+1000する。
【起】(ターン1)[白(0)]:あなたのトラッシュから<天使>のシグニ7枚をデッキの一番下に置く。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。その後、デッキをシャッフルする。
【起】(ターン1)[白(0)]:あなたのトラッシュからそれぞれ名前の異なる<天使>のシグニ7枚をデッキの一番下に置く。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。その後、デッキをシャッフルする。

 フォーチュンセレクターで登場したレベル4・タウィルルリグ

 レベル4のタウィルには、他にもバニラ《導きし者 タウィル=フィーラ》が存在するが基本的にはこちらを採用することになるだろう。

 自身の天使シグニ全てにパワー+1000を与える常時能力対戦相手シグニバニッシュ、或いはトラッシュ送りにする2つの起動能力を持つ。

 常時能力に関しては《四型皇艶娘 緑姫》同様、天使シグニ保ちに貢献する程度の見方でいいだろう。
 特に《聖墓の神姉 ムンカルン》《大天使の未来 ガブリエ》《遅起の花咲 アフロディテ》保ちの良さが脅威的になり、《聖墓の神妹 ナキールン》に継続性を与えられる点も優秀である。
 また、場に天使が3体居る状態ならば《聖墓の神姉 ムンカルン》のパワーが15000と、同レベルのバニラと同じになる点も見逃せない。

 しかし最も肝であるのは2つの起動能力であり、7枚の天使シグニトラッシュからデッキに戻すことでシグニ1体をバニッシュ、7種類の天使トラッシュからデッキに戻すことでシグニ1体をトラッシュ送りにできるのが最大の特徴。
 一切のコスト消費が無い為、トラッシュ天使シグニが大量に置けていれば継続性は高く、《ウィッシュ・クライシス》と組み合わせればトラッシュ天使シグニを使い回せることになる。
 ただバニッシュする側の能力は使いやすいが、考え無しに使い続けるとトラッシュ送りにする為の天使の種類が足りなくなるので戻す天使シグニはしっかり考えたい。

収録パック等

FAQ

Q:起動能力コストにそれぞれ「×0」とありますが、これはどのように支払うのですか?
A:起動能力コスト×0とありますが、これは起動能力コストエナが必要とされないことを示しています。《永らえし者 タウィル=フィーラ》の2つの起動能力は、効果の一部として<天使>シグニデッキの下に置き、そうした場合のみ、対戦相手シグニ1体を選択し、バニッシュしたり、トラッシュに置いたりすることが可能となります。

Q:起動能力使用した際に、トラッシュから天使シグニデッキの下に置かないことを選べますか?
A:はい、7枚のシグニを選ばず結果的に置かないことはできます。ただし、それを繰り返すことで無用にゲームを長引かせることは認められませんのでご注意下さい。

Q:起動能力を1ターン中に1回づつ使用することは可能ですか?それとも2つ併せて1ターンに1回しか使用出来ないのですか?
A:それぞれの起動能力を1ターンに1回のみ使用することが出来ます。

Q:起動能力使用を宣言し、トラッシュにある<天使>シグニデッキの下に置いた上で、対戦相手シグニを「選ばない」ことは可能ですか?また、そうした場合デッキのシャッフルは行われますか?
A:はい、この場合どちらの起動能力使用した場合でも「選ばない」ことは可能です。「選ばない」場合でもデッキのシャッフルは必ず行われます。

Q:トラッシュ<天使>シグニが6枚以下しか無い状態で起動能力使用を宣言し、6枚以下の<天使>シグニデッキの下に置くことは出来ますか?そうした場合、対戦相手シグニバニッシュしたりトラッシュすることは出来ますか?また、この場合シャッフルは行われますか?
A:この場合、起動能力使用を宣言することは可能ですが、<天使>シグニデッキの下に置くことは出来ず、バニッシュしたりトラッシュすることも出来ません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-21 (土) 10:17:35 (779d)