愛幸(あいこう)巫女(みこ) ユキ》

カード名愛幸の巫女 ユキ[アイコウノミコユキ]
カードタイプルリグルリグタイプイオナ
レベル4リミット11グロウコスト白(1)・黒(1)・無(1)
【常】:このカードにグロウする際、手札からシグニを2枚まで公開する。この方法で<迷宮>のシグニを公開した場合、このカードにグロウするためのコストは[白]コストが1減り、<毒牙>の場合、[黒]コストが1減る。
【常】対戦相手のターンの間、あなたのすべてのシグニのパワーはあなたの<迷宮>のシグニ1体につき、+1000される。
【常】あなたのターンの間、対戦相手のすべてのシグニのパワーはあなたの<毒牙>のシグニ1体につき、−1000される。

 WHITE HOPE -movie ver.-で登場したレベル4・イオナルリグ

 手札から迷宮及び毒牙を公開することで最低1エナでグロウできる。
 どちらも【イオナ】の主力となるクラスなので、極端に古代兵器に寄せた構築でもなければ少なくともどちらかの低減は容易い。

 常時能力はターンによって能力が変化し、迷宮毒牙がある程度存在しなければ効果を発揮しづらい。
 《ホワイトメイズ ホデサパ》と併用することで《ホワイトメイズ ホデサパ》をパワー+1000の13000、相手シグニを−2000し、パワー14000以下のシグニのアタックを抑止できる。

 イオナレベル4はノーコストでの除去エクシード能力を持つ《純白の巫女 ユキ》や高いコントロール性能を持つ《フル/メイデン イオナ》が存在する。
 単体性能ではそれらに劣るが、グロウコストの緩さを活かせば十分に渡り合うことは可能。

 イオナレベル5は《最幸の巫女 ユキ》を除きグロウコストが不要だが、《フォーカラー・マイアズマ》《ラビリンス・ロマンス》使用するためにエナは可能な限り確保したいため、このルリグを採用する手もあるだろう。
 《創世の巫女 マユ》及び《真名の巫女 マユ》グロウ条件ルリグデッキに予備のタマまたはイオナが必要なことを活かし、レベル4を状況によって使い分けるのも一つの手。
 例えばエナゾーンのカードが極端にに寄ってエナが足りず、《純白の巫女 ユキ》グロウできないという状況を避けることができる。

収録パック等

FAQ

Q:このカードにグロウする際に公開するシグニは何のシグニでもいいですか?
A:はい、公開するシグニ自体は特に制限はありません。それが<迷宮>や<毒牙>だった場合、それぞれのコストが減ります。どちらも違う場合は何も起こらずそのままグロウとなります。

Q:このカードにグロウする際、必ず手札からシグニを公開しなければいけませんか?
A:いいえ、「2枚まで公開する」となっていますので、1枚も公開しないことも選べます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-03 (金) 00:45:50 (473d)