《メル=マティーニ》

カード名メル=マティーニ[メルマティーニ]
カードタイプルリグルリグタイプメル
レベル4リミット11グロウコスト緑(3)
【自】:あなたのアクセされているシグニ1体があなたの効果以外によってバニッシュされるたび、カードを1枚引いてもよい。
【自】:あなたのメインフェイズ開始時、あなたのデッキの上にからカードを3枚公開してもよい。その中から【アクセ】を持つカード1枚をエナゾーンに置き、残りを好きな順番でデッキの一番下に置く。
【起】ベルセルク◎◎◎:次のターンの間、対戦相手はアーツとスペルと【起】の能力を使用できず、シグニは可能ならばアタックしなければならない。

 インサイテッドセレクターで登場したレベル4・メルルリグ

 二つの自動能力により手札エナを補えるため、こちらのシグニバニッシュされてもを立て直しやすくなる。
 ただしこれらの能力は決定打となりえるものではないので、後述のベルセルクをうまく利用できるかがカギとなる。

ベルセルク

 メルのコイン技。次のターン対戦相手アーツスペル・各種起動能力使用できなくなる《ノー・ゲイン》のような効果と、対戦相手シグニアタックを強制するイオナを彷彿とさせる効果がセットになっている。
 この能力単品でも対戦相手の行動が制限されるため単純に攻めにくくなり、前もってパワーの低いシグニアクセを付けてておけば、バニッシュされるとエナ手札を稼ぐことができる。
 対戦相手としてはそれを回避するためにパワーの低いシグニを出すかあえてシグニを出さないことも出来るので、その場合は次のこちらのターンに攻めやすくなる。

 これだけでもそれなりに有用だが、この能力《愛別離苦》と組み合わせてこそ真価を発揮する。
 こちらのシグニバニッシュされると対戦相手シグニバニッシュし、ベットしていればさらにライフクロスを追加できるので、対戦相手はこちらのシグニを極力バニッシュしたくなくなるだろう。
 コンボで使うとコインを一度に4枚消費することになるが、そもそもこのコンボが存在するという時点で対戦相手メインフェイズに悩ませるというのが強み。
 相手にパワーの低いシグニを並べられると台無しになってしまう可能性もあるが、バニッシュされてもされなくても優位に立てるのは間違いないだろう。

Lostorage incited WIXOSSにおいて

 コインの消費枚数はTCGとは違い1枚。

狂乱/失意と光明―ネタバレ注意

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《コイン》のコストはどのように支払いますか?
A:得たコインを1枚を除外することで《コイン》を支払うことができます。コストに必要な枚数のコインを得ていない場合は、《コイン》を支払うことはできません。

Q:「ベルセルク」とは何ですか?
A:この能力の名前です。コインを支払うことでこの能力を発動し、テキストに書かれている効果を発揮することができます。

Q:「ルリグの効果を受けない」能力を持つシグニでも、相手がベルセルクを使用していた場合はアタックしなければなりませんか?
A:「効果を受けない」シグニは、「パワーやテキストなどのカード情報を変更する効果」「状態を変更する効果」「移動させる効果」を受けませんが、ベルセルクの効果は上記に該当しませんので、そのようなシグニでもアタックする必要があります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-13 (金) 03:47:40 (579d)