《ミュウ=イマゴ》

カード名ミュウ=イマゴ[ミュウイマゴ]
カードタイプルリグルリグタイプミュウ
レベル4リミット11グロウコスト黒(3)
【自】:あなたのレゾナ1体が場に出るたび、あなたのデッキの一番上のカードをエナゾーンに置く。
【起】[ダウン]:あなたのトラッシュから<凶蟲>のシグニ1枚を手札に加える。

 ブラックニードで登場したレベル4・ミュウルリグ

 《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》と同様レゾナに出る度にエナゾーンカードが増えるが、の都合上あちらのように《レゾナンス・マーチ》を実質的にエナ1で使用するといったプレイングは少々不得手である。
 逆にであることを活かして《ブラッディ・スラッシュ》で1枚のレゾナを使い回すといったプレイングはこちらの方がやりやすい。

 起動能力トラッシュからの凶蟲回収。
 《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》に比べデッキ内に眠っているシグニを呼び出す事は出来ないが、トラッシュにあるものならあちら以上に使い回せる為、使い回すという面ではこちらの方が優位である。
 ただ《デッド・スプラッシュ》を使う場合、調子にのって出したいシグニトラッシュから無くしてしまわないように注意したい。

  • 初出時の常時能力アイコンが再録時にLostorage記法で追加された自動能力アイコンへ置き換えられているが、カードの挙動に変更はない。
  • “imago”は英語で成虫のこと。

収録パック等

FAQ

Q:《ミュウ=イマゴ》が場にある状態でレゾナである《黒幻虫 ムカデス》を場に出しました。《ミュウ=イマゴ》の自動能力と《黒幻虫 ムカデス》の出現時能力はどちらが先に解決されますか?
A:《ミュウ=イマゴ》の自動能力と、《黒幻虫 ムカデス》の出現時能力は、どちらも「場に出たことによって」発動条件を満たす能力であり、また、「同時に」発動条件を満たしたものとして扱われます。このような場合、プレイヤーは2つの能力を好きな順番で解決させる事ができます。

Q:《レゾナンス・マーチ》によって2体のレゾナが同時に場に出された場合、自動能力はどのように処理されますか?
A:この場合、発動条件が2回満たされ、自動能力は合計2回発動します。結果、2回のエナチャージを行う事が出来ます。

※編注:FAQ公開時は2問とも「自動能力」の部分が「常時能力」だった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-22 (水) 10:20:03 (634d)