《ホワイトメイズ ホデサパ》

カード名ホワイトメイズ ホデサパ[ホワイトメイズホデサパ]
カードタイプレゾナクラス精械:迷宮
レベル4パワー12000限定条件イオナ限定
【出現条件】【メインフェイズ】【アタックフェイズ】白のシグニ1枚と黒のシグニ1枚をあなたの手札から捨てる。
【常】:対戦相手のシグニは可能ならばアタックしなければならない。
【常】:対戦相手のシグニ1体がアタックするたび、ターン終了時まで、そのシグニのパワーを−2000する。
【出】:対戦相手の場にあるすべてのシグニを、好きなように配置し直してもよい。あなたはこの方法で他のシグニゾーンに移動したシグニをアップしてもよい。

 リプライドセレクターで登場したレベル4・精械迷宮イオナ限定のレゾナ

 【メインフェイズ】及び【アタックフェイズ】使用タイミングで、手札2枚で出すことができる。
 手札さえあれば対戦相手シグニアタックをブロックする壁を作れるため、常時シグニ手札に確保することを心がけたい。
 また、出現条件シグニは使えないため、自身のシグニゾーンが埋まっている場合は《ブラッディ・スラッシュ》などでわざとを開けるなどの工夫も必要。

 イオナによる対戦相手シグニアタック強制と、イオナによるシグニの配置入れ替えで対戦相手の計算を崩せる。
 アタックしたシグニパワーが2000下がるため、バトルでのバニッシュランサーによるライフクロスクラッシュを狙った対戦相手から主力を守ることができ、自身のパワーが上がるクロス常時能力を持っていることが多いクロスシグニに対しても有用。
 相手のパワー14000以上のシグニの前にこのレゾナを配置し、わざとバトルで負けてルリグデッキに送り、翌ターンの展開の邪魔にならないようにするなどの小技も狙える。

  • オスピタル・デ・サン・パウ(Hospital de Sant Pau)はスペインのバルセロナにある1930年竣工の病院。広大な敷地にステンドグラスや様々な彫像で飾られた48棟の建造物が立ち並んでいる。
    サグラダ・ファミリアで世界的に有名なアントニオ・ガウディの師匠に当たるリュイス・ドメネク・イ・ムンタネー(1850年〜1923年)が手掛けたアール・ヌーヴォー建築の傑作として名高く、同じくムンタネーが設計した1908年竣工のカタルーニャ音楽堂と合わせて世界遺産に登録された。
    老朽化のため病院としての機能は2009年から同じ敷地内の新館に移っており、補修工事が進められている。

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力で対戦相手のシグニ3体を配置し直したとき、そのうち1体をアップし、残りはダウン状態のままという選び方はできますか?
A:いいえ、できません。この効果は、この効果で移動したシグニ全てをアップするか、そのままにするかしか選べません。

Q:対戦相手の《幻獣 セイリュ》が常時能力の条件を満たした状態でアタックしました。《幻獣 セイリュ》の常時能力とこちらの《ホワイトメイズ ホデサパ》の常時能力はどちらが先に発動しますか?
A:《幻獣 セイリュ》の常時能力と《ホワイトメイズ ホデサパ》の下段常時能力はトリガー能力であり、これらはターンプレイヤーから先に発動しますので、《幻獣 セイリュ》から発動します。また、それによって《ホワイトメイズ ホデサパ》がバニッシュされた場合、トリガーしていた《ホワイトメイズ ホデサパ》の常時能力は不発となり-2000することはできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-30 (日) 23:03:25 (481d)