《フル/メイデン イオナ》

カード名フル/メイデン イオナ[フルメイデンイオナ]
カードタイプルリグルリグタイプイオナ
レベル4リミット11グロウコスト黒(2)・白(1)
【常】:対戦相手のシグニは可能ならばアタックしなければならない。
【常】:あなたの場に白と黒のシグニがあるかぎり、対戦相手のすべてのシグニのパワーを-2000する。
【起】[黒] 手札から白のシグニ1枚と黒のシグニ1枚を捨てる:対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。

 ブラッククレイヴで登場したレベル4・イオナルリグ

 分かりづらいが、上段の常時能力はルールを変更する能力である。
 従って、《不可解な誇超 コンテンポラ》等の対戦相手のルリグ効果を受けない能力を持つシグニに対しても強制的にアタックさせることが出来る。
 自分の場にシグニがあれば対戦相手のすべてのシグニを弱体化させられ、アタックパワーマイナス能力によって相手シグニをバニッシュしやすくなるほか、《コードアンチ ヴィマナ》と組み合わせればシグニを返り討ちにできる。
 この場合《コードアンチ ゼコフン》等のバニッシュされたときに発動する能力を発動させにくくなる点には注意。

収録パック等

FAQ

Q:相手の場に白と黒のシグニがある状態の《フル/メイデン イオナ》、自分の場に《轟炎 花代・爾改》がある状態でパワー1000のシグニを場に出しました。この場合、パワー1000のシグニはどのように処理されますか?
A:場にあるかぎり常に発動している常時能力は、自身・相手共に同時に適用されます。この場合、パワー1000のシグニは《フル/メイデン イオナ》により−2000、《轟炎 花代・爾改》により+5000の修正を受け、結果パワー4000として場に残ります。ですが、《轟炎 花代・爾改》の常時能力によりパワーが上昇するのは自身のターン中のみであるため、対戦相手のターンに入った時点でパワーの値は−1000となり、バニッシュされます。

Q:相手の場に白と黒のシグニがある状態の《フル/メイデン イオナ》に対して《コードアンチ クリスカル》をトラッシュから場に出しました。この場合、《コードアンチ クリスカル》はどのように処理されますか?
A:場にあるかぎり常に発動している常時能力は、出現時能力の解決より先に適用されます。この場合、《コードアンチ クリスカル》は、出現時能力が解決される前に《フル/メイデン イオナ》の常時能力によりパワーの値が0となり、結果としてバニッシュされます。

Q:《小弓 ボーニャ》を場に出した場合、出現時能力を解決させる事は出来ますか?
A:場に出ることで発動条件を満たしたシグニが、解決時に発動した場所に居ない場合、そのシグニの出現時能力は発動されません。(《幻獣神 オサキ》の常時能力がスペルカットインによって《幻獣神 オサキ》自身がバニッシュされた場合発動しないのと同様です。)《小弓 ボーニャ》のパワーは1000であるため、場に出た時点でパワーの値は−1000となり、即座にバニッシュされ、結果として出現時能力は解決されません。

Q:相手の場にシグニがある状態の《フル/メイデン イオナ》に対して《堕落の砲女 メツム》の出現時能力により、《コードアンチ テキサハンマ》が4枚トラッシュに置かれました。この場合《コードアンチ テキサハンマ》4体の効果が解決してからイオナの常時能力が適用されるのでしょうか?それとも1体ずつ効果を解決していくのでしょうか?
A:パワーを-2000するという【常】効果は常時適用されます。ご例示の場合は、《コードアンチ テキサハンマ》の効果は1つずつ解決され、そのつどバニッシュされることになり、結果的に4体の《コードアンチ テキサハンマ》がエナゾーンに置かれます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-28 (金) 19:25:06 (503d)