《フォーチューン・ファイブ》

カード名フォーチューン・ファイブ[フォーチューンファイブ]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト青(1)・無(1)使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】
あなたのデッキの上からカードを5枚公開する。その中のそれぞれ名前の異なる<原子>のシグニの枚数を数える。その後、それが3枚以上の場合、対戦相手のシグニ1体をダウンし凍結する。それが4枚以上の場合、カードを1枚引く。それが5枚の場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。その後、公開したカードを好きな順番でデッキの一番下に置く。(条件を満たした効果をすべて発動できる)

 ビギニングセレクターで登場したアーツ

 デッキの上から5枚を公開し、その中の原子シグニの種類の数によって効果が増加する特徴を持つ。

 3種類以上の場合の効果対戦相手シグニ1体をダウン凍結する効果
 アタックフェイズ使用アタックを防ぎ、次のターンの《ICE BREAK》につなげられる。

 4種類以上の場合の効果デッキからカードを1枚引く効果
 引くカードはこのカード効果で最初に公開された1枚である。

 5種類以上の場合の効果対戦相手シグニを1体バニッシュする効果《ミルルン・ティコ》起動能力と併用して使用すればここまでの効果使用は狙えなくもなく、《ミルルン・ヨクト》から失ったバニッシュ能力を補完できる。

 総じて、《ミルルン・ティコ》と併用が望まれるアーツであるが、それ以外では対戦相手アタックフェイズに上段の効果を使うのが主になる。
 いずれにせよ、このアーツを使う場合はメインデッキ原子シグニ種類を相当程度確保することが必要である。

収録パック等

FAQ

Q:「ダウン凍結する」効果バニッシュする」効果はそれぞれどのタイミングでシグニを選択しますか?
A:《フォーチューン・ファイブ》の使用を宣言するタイミングでは<原子>シグニが何種類捲れるかが分からず、どちらの効果使用出来るかが不確定であるため、使用宣言時にはシグニの選択は行われません。~解決に入り、デッキを捲って<原子>シグニの種類が確定した後にそれぞれの効果を受けるシグニを選択します。

Q:公開された<原子>シグニデッキに戻す際、どの順番で戻したかは対戦相手に伝える必要がありますか?
A:いいえ、戻す順番を対戦相手に伝える必要はありません。

Q:4枚以上<原子>が公開された場合の「カードを1枚引く」効果ですが、これは、公開されたカードのうち、一番初めに公開されたものを手札に加えるのですか?
A:はい、《フォーチューン・ファイブ》を使用することでデッキの上からカードを5枚公開しますが、この際公開された5枚のカードが置かれた領域デッキの上であり、「カードを1枚引く」効果を使用する場合は、《フォーチューン・ファイブ》によって捲られた5枚のうち、一番最初に公開された1枚を手札に加えることになります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-05 (金) 02:33:13 (864d)