《ダーク・マター》

カード名ダーク・マター[ダークマター]
カードタイプアーツ限定条件イオナ限定
コスト黒(3)使用タイミング【アタックフェイズ】
すべてのプレイヤーは自分のシグニ1体をトラッシュに置く。その後、あなたの場にシグニがない場合、あなたのデッキの一番上のカードをライフクロスに加える。

 インフェクテッドセレクターで登場したイオナ限定のアーツ

 すべてのプレイヤーは自身のシグニ1体をトラッシュに置き、その後に自身のシグニがいなければライフクロスの追加も行える。

 《アルテマ/メイデン イオナ》のすべてのプレイヤーに出せるシグニを1体にする常時能力とのシナジーが高く、《アルテマ/メイデン イオナ》がいる状態でこのカード使用すれば対戦相手シグニはゼロになる。
 対戦相手ターンでこのカード使用し、次のターンでフィニッシュを狙うのが主な使い方だろう。

  1〜3ターン目のシグニが展開されにくいタイミングに使用するのも手である。
 対戦相手シグニの枚数が自身のシグニの枚数より少ない状態でこのカード使用すれば、ライフクロスクラッシュする機会が2回程度稼げる。

 使い方を工夫することでピンチを凌ぐことも出来る。
 シグニ事故の時に使えば、ライフクロスを追加しつつ、対戦相手シグニアタックを1枚分減らせる。
 《コードメイズ 金字塔》とのシナジーもなかなかで、後続のシグニを呼びこみつつ、ライフバーストを仕込むといった芸当も可能。

収録パック等

FAQ

Q:相手、もしくは自身のにあるシグニが1体も居ない状況で使用することは出来ますか?
A:はい、の状況に関わらず、アタックフェイズのアーツ使用タイミングであれば《ダーク・マター》を使用することが可能です。

Q:対戦相手にある《先駆の大天使 アークゲイン》を《ダーク・マター》でトラッシュに置かせることは可能ですか?
A:トラッシュに置くシグニの選択は対戦相手が行いますが、一連の効果を含めて《ダーク・マター》によるものとして扱われます。よって《先駆の大天使 アークゲイン》常時能力により、対戦相手<天使>シグニトラッシュに置かせることは出来ず、自身のシグニトラッシュに置き、ライフクロスを1枚加えるのみとなります。

Q:《ダーク・マター》でトラッシュするシグニを選ぶ順番はどちらのプレイヤーからですか?
A:まず、ターンプレイヤーが先にトラッシュに置くシグニを選択します(この時、対戦相手には選択したシグニを伝える必要があります)。
 次に、非ターンプレイヤートラッシュに置くシグニを選択します。両者の選択が終了した後、選択したシグニを両者同時にトラッシュに置きます。

Q:自ターンアタックフェイズに自身の場に《フィア=リカブト》が一体いる状態でアーツ《ダークマター》を使用し、相手のシグニ1体と自身の《フィア=リカブト》トラッシュに置いた場合、《フィア=リカブト》下段常時能力はどのように処理されますか?
A:ご質問の場合、《フィア=リカブト》と相手のシグニは同時にトラッシュに置かれますが、シグニが移動したことによって発動条件を満たす常時能力は、移動する直前の状態を参照して発動の有無が判定されます。
  結果として《フィア=リカブト》下段常時能力トラッシュ発動条件を満たし、トラッシュで解決され、1枚エナを加える事が出来ます。

Q:《ノー・ゲイン》使用したターン対戦相手《ダーク・マター》使用された場合、シグニトラッシュに置く効果は無効化できますか。
A:はい、シグニの選択はプレイヤーが行いますが、トラッシュに置かれること自体は《ダーク・マター》の効果として扱われます。《ノー・ゲイン》使用することで自身のシグニトラッシュに置く事を防ぐ事が出来ます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-21 (土) 07:47:37 (127d)