《コードラビリンス ピシャトー》

カード名コードラビリンス ピシャトー[コードラビリンスピシャトー]
カードタイプシグニクラス精械:迷宮
レベル4パワー12000限定条件イオナ限定
【常】:対戦相手のターンの間、このシグニが場を離れたとき、あなたは[白][白]を支払ってもよい。そうした場合、あなたのデッキから<迷宮>のシグニ1体を探して場に出す。その後、デッキをシャッフルする。
【常】:対戦相手のシグニ1体がアタックした時、アップ状態のこのシグニをダウンしてもよい。そうした場合、あなたの場にあるすべてのシグニを配置し直す。
【ライフバースト】:あなたのデッキから<迷宮>のシグニ1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルし、対戦相手のシグニ1体をダウンする。

 ディストラクテッドセレクターで登場したレベル4・精械迷宮イオナ限定のシグニ

 一つ目のトリガー能力によって、対戦相手ターンを離れても盾となる迷宮シグニをデッキからに出すことができる。
 《コードラビリンス クイン》などでダメージを軽減したり、《コードラビリンス ルーブル》シグニ能力を消したりといったコンボにも繋げられるので、不用意にはこのシグニを除去できなくなるだろう。
 二つ目の能力は一見地味だが、場に他のシグニがいなくともダブルクラッシュを持つシグニの前をブロックするといった使い方が可能。
 《コードメイズ ゴジュウ》を移動させればバウンス能力発動させて相手の盤面を開けられる。
 アップ状態の自身をダウンさせるということは通常なら前のターンでのアタックを放棄することになるが、《コードメイズ キンカク》と組み合わせればアタックしたターン終了時アップさせられる。
 この《コードメイズ ゴジュウ》《コードメイズ キンカク》とのコンビネーションは、ディストラクテッドセレクターのデザイナーズコンボとして想定されている。

  • ピサの斜塔はイタリアのトスカーナ州にあるピサ大聖堂の鐘楼で、世界遺産に登録されている。着工から200年近い歳月を費やして1372年に完成したが、建設中に発生した地盤沈下のため上層階の角度を修正しながら建設が進められたので完成後は最大で地表から5.5度傾いていた。2001年の補修工事後は傾斜が3.9度に補正されている。
    ガリレオ・ガリレイが上層階から大小2つの鉛玉を落として「物体が落下する速度に物体そのものの重さは関係無い」と言う落下の法則実験を行ったことでも有名だが、このエピソードは後世に広まったもので実際には行われていないとする説もある。

収録パック等

FAQ

Q:このシグニがバニッシュされた場合、上段常時能力での《白》《白》を支払う際に、バニッシュされた《コードラビリンス ピシャトー》をエナとして使用できますか?
A:はい、《白》《白》を支払う段階では能力の処理に入っていますので、エナゾーンにある《コードラビリンス ピシャトー》をエナとして支払うことができ、デッキから<迷宮>のシグニを探して場に出すことができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-04 (火) 02:21:36 (771d)