《コードアンチ マズフェイス》

カード名コードアンチ マズフェイス[コードアンチマズフェイス]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル4パワー10000限定条件-
【起】[ダウン] あなたの他の<古代兵器>のシグニ1体をバニッシュする:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−7000する。
【起】[ダウン] あなたの他の<古代兵器>のシグニ2体を場からトラッシュに置く:ターン終了時まで、対戦相手のすべてのシグニのパワーを−10000する。

 ビギニングセレクターで登場したレベル4・精械古代兵器シグニ

 古代兵器シグニコストにする2つのパワー減少を行う起動能力を持つ。

 1体をコストにした場合、対戦相手シグニ1体のパワーを−7000する。
 バニッシュを狙えるのはレベル3の能力持ちくらいであるが、こちらの特筆すべきは結果としてエナ1を獲得できる点であろう。
 不要なタイミングでに出た《コードアンチ テキサハンマ》起動能力使用した《コードアンチ キティラ》などをコストにしつつシグニゾーンに空けると無駄がない。
 また《コードアンチ ドロンジョ》バニッシュすれば、パワー低下は合計-9000までに及ぶ。

 2体をコストにした場合、対戦相手シグニすべてのパワーを−10000する。
 先にレベル4に上がった直後なら一掃すら狙える威力であり、コスト《コードアンチ アステカ》1枚で済むことを考えると見た目程苦しくはない。
 《コードアンチ パルベック》《コードアンチ アラハバキ》などトラッシュからに出す手段も豊富で、【イオナ】なら《バイオレンス・スプラッシュ》と組み合わせることでトラッシュ送りからのフィニッシュを狙うこともできる。

 終盤のアーツスペル使用コストの確保や対戦相手シグニの一掃を行える応用の利くカードで、古代兵器の切り札になりうるカードである。

  • カードの元ネタは、1976年に火星探査船・バイキング1号が火星の地表を撮影した際に写っていた全長3キロメートルの巨大な人面岩である。火星(Mars)の人面(face)ということでマズフェイスと呼ばれている。
    後の調査によって「堆積物の崩落後に溶岩が表面を覆って顔のような形で固まったものである」とほぼ結論付けられたが、発見当初は「火星に到達した古代の地球人が建造した遺跡ではないか」と言われていた。

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-08 (水) 21:21:56