《コードアンチ ヘルボロス》

カード名コードアンチ ヘルボロス[コードアンチヘルボロス]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル4パワー12000限定条件-
フォーマットK
【常】:対戦相手のエナゾーンにあるカードは【マルチエナ】を失い対戦相手の効果を受けない。
【自】(ターン1):対戦相手のシグニ1体がバニッシュされたとき、そのシグニよりパワーの低い対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
【起】(ターン1)[赤]:あなたのトラッシュからレベル3以下の赤のシグニ1枚を場に出す。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュから共通する色を持つシグニ2枚を手札に加える。

 リンカーネイションで登場したレベル4・精械古代兵器シグニ

 強烈なロック能力と制圧能力を持つ《コードアンシエンツ ヘルボロス》を踏襲し、らしさを織り交ぜたシグニ

 常時能力はかつてのトラッシュルリグトラッシュカード能力の利用と干渉を封じた強力なロック能力エナゾーンに向けたもの。
 単が主流のキーセレクションではマルチエナを奪うだけでもかなり強力で、優秀な他アーツを半ば封殺していると言える。
 また、《幻水姫 オワンクラゲ》のようにエナゾーンから回収する行為を封じる為に対してかなり有利になれる。
 しかし《幻緑水姫 ダイホウイカ》で発生する対戦相手がうける筈のデメリットも帳消しにしてしまうという珍事が発生したりする。

 自動能力はターン1回、対戦相手シグニバニッシュされた時、そのシグニパワー以下のシグニ1体をバニッシュする。
 防御で言えば単純に守れる面の数が1つ増えるため文句なしの性能だが、その余りにも緩すぎる条件故に《隣合の冥者 ハナレ》等のようなメインフェイズ使用可能な自発的バニッシュ効果に反応してしまい無力化、最悪の場合エナチャージ1付きでリムーブするような扱いをされる恐れがある。
また、バニッシュ時点でのパワーを参照する為パワーマイナス系のアーツとの併用はなるべく避けたい。

 起動能力はターン1回、エナ1でトラッシュからレベル3以下のシグニ1枚をに出すというもの。
 レベルの制約があるものの高い汎用性を持ち、実質的なエナゾーンからの蘇生に変換出来る。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このシグニが場に出た後に対戦相手のエナゾーンに置かれたカードは、【マルチエナ】を失いますか?
A:はい、失います。このシグニが場にある間、後からエナゾーンに置かれたカードも含めて【マルチエナ】を失い対戦相手の効果を受けなくなります。

Q:エナゾーンのカードが対戦相手の効果を受けない場合、対戦相手はエナコストを支払うこともできなくなりますか?
A:いいえ、エナの支払いは効果ではありませんので、エナコストの支払いでエナゾーンからトラッシュに移動することは可能です。

Q:《コードアンチ ヘルボロス》が場にあるときに対戦相手が《友好の遊行 アン》を場に出しました。対戦相手のエナゾーンのカードは【マルチエナ】を得ますか?
A:いいえ、得ることができません。対戦相手のエナゾーンのカードは対戦相手の効果を受けませんので、効果により【マルチエナ】を得させることもできません。

Q:対戦相手のパワー8000のシグニを効果でー8000し、パワー0にしてバニッシュしました。このシグニの自動能力はどうなりますか?
A:パワーが0以下になったことによるバニッシュでもこの自動能力は発動し、パワーが0より低い対戦相手のシグニ1体をバニッシュします。

Q:対戦相手のシグニが2体以上同時にバニッシュされた場合、自動能力はどうなりますか?
A:それぞれのバニッシュに対して自動能力がトリガーし、そのうち好きなものを選んで発動します。ターン1回制限の能力ですので、最初の1つを発動したら残りは不発となります。

Q:自動能力は強制ですか?
A:はい、対戦相手のシグニがバニッシュされたときに強制で発動します。該当するシグニがあれば選んでバニッシュするのは強制ですし、該当するシグニがなくとも発動はしていますので同じターン中にはもう発動できません。

Q:起動能力では、コストの《赤》として支払ったカードを選んで場に出せますか?
A:はい、それが条件に合うシグニであれば選ぶことができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-08 (月) 10:57:38