《コードアンチ ソトホート》

カード名コードアンチ ソトホート[コードアンチソトホート]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル3パワー7000限定条件-
【起】(ターン1)【アタックフェイズ】[黒(0)]:対戦相手のシグニ1体を対象とし、あなたのトラッシュからそれぞれレベルの異なる黒のシグニ4枚をシャッフルしてデッキの一番下に置く。そうした場合、ターン終了時まで、それのパワーを−7000する。この能力はあなたのトラッシュにカード名に《ヨグソトス》を含むカードがある場合にしか使用できない。
【起】【アタックフェイズ】[黒][黒]:このシグニをトラッシュから場に出す。この能力はあなたの場にカード名に《ヨグソトス》を含むシグニがある場合にしか使用できない。

 コネクテッドセレクターで登場したレベル3・精械古代兵器シグニ

 1つ目の起動能力トラッシュシグニデッキに戻しつつ対戦相手シグニパワーを-7000するというもの。
 《コードアンチ ヨグソトス》能力と組み合わせてパワーを合計−15000でき、レベル5のシグニさえもバニッシュすることも可能。
 さらに戻すシグニであればよくクラスを問わないことから、《白亜の鍵主 ウルトゥム》で運用される天使毒牙などが混ざっていても戻すことができる。
 《コードアンチ アシレン》の代替に近い仕事ができるが、使用タイミングの都合で同一ターンに繰り返し使用しづらい点や、こちらはシグニを戻す順番がシャッフルされるためにデッキの順番を操作できない点があちらにはない弱点。

 もう1つの能力によってエナ2つを支払えば自身をリアニメイトでき、シグニゾーンを埋めつつパワーマイナスによる防御も可能。
 《コードアンチ ヨグソトス》を守る、もしくは除去されてもに出す手段を整えておけばエナ1つ分軽い《コードアンチ メイジ》となり得る。

  • ヨグ=ソトホート(Yog-Sothoth)」はクトゥルフ神話に登場する神の一柱。ヨグ=ソトースの日本語表記揺れのひとつ。本質的に人間には発声できない名称であるため、どちらが正解という訳ではない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:上の起動能力で、レベルの異なる黒のシグニとして《コードアンチ ヨグソトス》をデッキの一番下に置けますか?
A:はい、できます。使用宣言時にトラッシュにカード名に《ヨグソトス》を含むカードがあれば使用できますので、その後効果によってデッキの一番下に置くこともでき、その場合でも対戦相手のシグニ1体を−7000できます。

Q:上の起動能力は、対戦相手の場にシグニが1体もない場合でも使用できますか?
A:はい、その場合でも自分のトラッシュからレベルの異なる黒のシグニ4枚をデッキの一番下に置くことはできます。

Q:下の起動能力のコストの《黒》を《コードアンチ ソトホート》で支払い、その《コードアンチ ソトホート》をトラッシュから場に出せますか?
A:いいえ、できません。この能力は《コードアンチ ソトホート》がトラッシュにあるときにしか使用を宣言できませんので、元々エナゾーンにある《コードアンチ ソトホート》は起動能力を使用宣言できず、コストを支払うこともできません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-23 (水) 21:17:39