《コードアンチ クレイ》

カード名コードアンチ クレイ[コードアンチクレイ]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル1パワー2000限定条件-
【常】:あなたの場に他の<古代兵器>のシグニがあるかぎり、このシグニのパワーは5000になる。

 ブラッククレイヴで登場したレベル1・精械古代兵器シグニ

 《コードアンチ クリスカル》よりも容易かつ継続的に高いパワーが出せるため、通常はこちらが優先されることになる。
 レベル1の古代兵器《コードアンチ アステカ》能力トラッシュからシグニゾーンに出すことが出来るので、セットで採用もし易い。
 他に出張するときはライフバーストに余裕があるかどうかで《コードアンチ テキサハンマ》とこのカードのどちらを採用するかが変わってくるだろう。

  • カードの元ネタは縄文時代後期(紀元前25〜10世紀)の日本で作られていた遮光器土偶。青森県の亀ヶ岡遺跡で出土したものが特に有名。
    背景に描かれている馬は土偶ではなく、3〜6世紀頃の古墳時代に陵墓の副葬品として作られていた埴輪の一種である。
    カード名はそのまま粘土や泥を意味する言葉Clay、クレイ

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-13 (月) 13:26:58