《コードアンチ メイジ》

カード名コードアンチ メイジ[コードアンチメイジ]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル3パワー8000限定条件-
【起】[黒][黒][無]:あなたのトラッシュからそれぞれレベルの異なる無色ではないシグニ4枚をデッキの一番下に置く。そうした場合、このシグニをトラッシュから場に出す。その後、デッキをシャッフルする。この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ。(この能力は、このシグニがトラッシュにある場合にしか使用できない)
【ライフバースト】:あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。その後、あなたのトラッシュから無色ではないシグニ1枚を手札に加える。

 カードゲーマー Vol.24付録で登場したレベル3・精械古代兵器シグニ

 トラッシュからに出すことができるシグニを求めているだけなら《コードアンチ デリー》《コードアンチ ネビュラ》で十分であるが、これらは【メインフェイズ】のみ有効。
 このカードの場合、使用タイミング【アタックフェイズ】を持つことで対戦相手ターンでも使用でき、緊急時の壁として機能する。
 エナ2つと無色エナ1つと使用するためのコスト縛りがやや厳しい上に、その後の効果レベルが異なる無色ではないシグニ4枚をデッキの一番下に置かなければならず、事前に十分にトラッシュを肥やさなければいけないが、有事の際のアーツに依らない防御手段としては優秀であろう。

 トラッシュからシグニデッキに戻す手段としても運用可能だが、使用タイミング【アタックフェイズ】であるが故にサーチに手間がかかり、コストの重さから無闇に連発できない点が悔やまれる。
 とはいえトラッシュを参照するカードを主力とする場合、リフレッシュを少しでも遅らせる手段としては役立つ。
 《コードアンチ ヨグソトス》と併用すればパワー8000マイナスの手段としても使えて無駄がない。

  • WIXOSS TCGの共同開発元でカードゲーマーを発行しているホビージャパンのメディアミックス企画『ビキニ・ウォリアーズ』とのコラボレーション。カードゲーマー1冊につき同じカードが2枚付属する。
    アニメでメイジ(キャラクター原案:saitom)の声を担当しているのが『selector』シリーズで小湊るう子役を演じた加隈亜衣である縁から今回のコラボレーションが実現した。
    • この作品はファンタジー系RPGをパロディ化した作風で、アニメ9話でメイジが死亡してしまうも、次の10話では何事もなかったかのように再登場していた。
      その際近くに「教会」が映っていたことからゲームのようにお金を払って蘇らせてもらったと推測されており、能力やフレーバーテキストはそれを再現したものだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《コードアンチ メイジ》の【起】能力を使用する際のコストとしてトラッシュに置いたシグニを、デッキの一番下に置くシグニとして使用出来ますか?
A:はい、可能です。

Q:「この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ」とはどういうことですか?
A:この能力はアーツの【アタックフェイズ】と同じタイミングで、アーツの【アタックフェイズ】と同じように使用を宣言し、解決させることが出来ます。この能力はシグニの能力として扱われます。なお、使用タイミング【アタックフェイズ】を持っているため、自身のメインフェイズに使用することはできません。

Q:《コードアンチ メイジ》の【起】能力で、このカード自身をデッキの一番下に置くことは可能ですか?
A:はい、可能です。しかし、その場合、この能力により《コードアンチ メイジ》を場に出すことは出来ません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-30 (火) 15:03:32 (293d)