《コードアンチ コスタリク》

カード名コードアンチ コスタリク[コードアンチコスタリク]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル3パワー7000限定条件ウムル限定
【出】:このシグニがトラッシュから場に出たとき、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−5000する。(パワーが0以下のシグニはバニッシュされる)
【ライフバースト】:手札から<古代兵器>のシグニを1枚捨てる。そうした場合、カードを2枚引く。

 スプレッドセレクターで登場したレベル3・精械古代兵器ウムル限定のシグニ

 トラッシュからのに出た時に対戦相手シグニ1体のパワーを減少させる出現時能力を持つ。

 出現時能力が発揮できればそのターン中はパワー12000のシグニように扱え、パワー7000で充分ならば他のシグニバトル補助もこなせる。
 また、先にレベル3のルリググロウした際に出現時能力を使えればバニッシュさえ狙える。
 古代兵器である為、様々なカードでトラッシュに送れる点もこのカードの能力に噛み合っている。
 《デッド・スプラッシュ》で出せれば対戦相手ターン中のバニッシュや逆にこちらのシグニバニッシュ阻止もできる。
 アタックフェイズにトラッシュから場に出して効果を発揮する場合、相手シグニのパワーによってはバニッシュまで持ち込めないという点では《コードアンチ エレチェア》に劣っていると言えなくもないが、こちらは対象とする相手のシグニを自分で選べるという利点がある。

 しかしそのトラッシュからに出す能力の代表たる《コードアンチ パルベック》レベル4であり最速発動は狙い辛く、《コードアンチ アステカ》ではそもそもこのカードをトラッシュからに出せない。
 その為、基本的には後半向けのカードだが、《創造の鍵主 ウムル=トレ》ならば最速で出現時能力を利用できる。
 《創造の鍵主 ウムル=トヴォ》で先にトラッシュに置いておける為それなりに確実な手段であり、速攻狙いなら覚えておいて損は無いだろう。

  • コスタリカの石球は、中米のコスタリカ南部で発見された石製の球体群。大小合わせて200個以上が確認されており、世界遺産に登録されている。
    2〜8世紀頃に繁栄したディキス石器文化時代の遺物とされるが、何の目的で作られたのかはわかっていない。中には誤差0.2ミリ以内のほぼ完全な球体も確認されており、その高度な計算と彫刻技術からオーパーツとして扱われている。

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-09 (土) 03:16:12 (1221d)